トヨタは、東京オートサロン2022にて、SUVタイプの電気自動車(EV)の新型「bZ4X GRスポーツコンセプト」を世界初公開しました。

トヨタ新型SUV「bZ4X」カスタムモデルを世界初公開!

 2022年1月14日、トヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)は、東京オートサロン2022にて、SUVタイプの電気自動車(EV)の新型「bZ4X」GRスポーツコンセプトを世界初公開しました。

 新型bZ4Xは、2021年4月19日に開催された「上海モーターショー2021」にて世界初公開されました。

 この新型bZ4Xは、トヨタの「bZシリーズ」第一弾のEVとなりスバルとの共同開発によるSUVタイプのEVです。

 その後、トヨタは2021年10月29日に詳細を公表。ボディサイズは全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mm、ホイールベースは2850mm。

 スバルと共同開発したEV専用プラットフォームを採用し、低重心・高剛性な設計を実現しています。

 エクステリアデザインは、ロングホイールベースと四隅に配置したタイヤを活かした伸びやかなプロポーションが特徴。

 フロントフェイスはいわゆるグリルレスデザインを採用し、先進性が強く感じられるデザインです。

 一充電走行可能距離(WLTCモード)は2WD車で500km前後、4WD車で460km前後。駆動用モーターは、2WD車がフロントに1基(最大出力150kW)、4WD車がフロントとリアに1基ずつ(それぞれ最大出力80kW)搭載されました。

 また、4WD車にはスバルの四輪駆動制御技術「X-MODE」が採用(トヨタ初)されSUVらしい走破性も期待されます。

 今回、東京オートサロン2022にて世界初公開された新型bZ4XのGRコンセプトは標準仕様をベースにカスタマイズされたコンセプトカーです。

 フロント・サイド・リアなどにGRをイメージしたエアロパーツが装着されました。

 フロントは、シャープなデザインが特徴的で、エンジンを冷やす必要がないEVだけに空気抵抗を考えてグリルが塞がれているのが特長です。

 サイドは、大径ホイール&タイヤにオーバーフェンダーが組み合わされ、力強さとスポーティさを強調しています。

※ ※ ※

 新型bZ4Xの市販仕様は、2022年年央から日本だけでなく北米、中国、欧州など各地域に導入される予定です。

 なお、日本では、2022年1月2日3日に開催された箱根駅伝にて、世界で初めてナンバーを付けた仕様が公道を走行したことでも話題となりました。

 今後も新型bZ4Xの発売に向けて、さらなる情報が出てくることが予想されます。