スバルのモータースポーツ活動を統括するSTIは、新型ハイパーEV「STI E-RA」を東京オートサロン2022で世界初公開しました。カーボンニュートラル時代のモータースポーツEVとは、どのようなものなのでしょうか。

ニュルのタイムアタックでラップタイム400秒を目指す!

 スバルのモータースポーツ部門を統括するスバルテクニカインターナショナル(STI)は、カーボンニュートラル時代におけるモータースポーツで新しい技術の経験と修練を積むことを目的とし、STI近未来モータースポーツスタディプロジェクト「STI E-RA CHALLENGE PROJECT」を立ち上げました。

 そして、このプロジェクトで開発を進めてきた「STI E-RA」のコンセプトカーを2022年1月14日から16日まで開催される東京オートサロン2022で世界初公開しました。

 E-RAは「Electric-Record-Attempt」の頭文字で、STIのDNAである「記録への挑戦」の意味を込めて命名しています。

 新型STI E-RAコンセプトは「走りの愉しさ」「絶対的な安心感」といったスバルらしさをSTIがより際立たせるため、スバルの強みである「全輪制御技術」の知見を活用。

 システム最高出力800kW(1088馬力)という高出力を、新たに採用する独自の4モーター4輪トルクベクタリング技術で制御します。

 モーターはヤマハ発動機が供給するハイパーEV向けギア、インバーター一体式の高回転高出力タイプを採用し、蓄電量60kWhのリチウムイオンバッテリーで駆動。

 独自のトルクベクタリングシステムは、走りの愉しさを最重要課題としたドライバー志向の制御で、4輪それぞれのグリップ限界までバランスを均等化させることで、グリップレベルを最大限に引き上げるとともに、車体の姿勢を安定させます。

 最大の効果を得るためには、荷重移動に伴って最適な駆動トルクを4輪に独立して与えることが最良の手段であり、車輪速、車速、舵角、G、ヨーレート、ブレーキ圧、輪荷重などの各種センサーからの信号をリアルタイムに計算し、目標のスタビリティファクターになるように各輪の駆動制動トルクを決めてインバーターに指示を出します。

 4輪へダイレクトにモーターが付いているため応答性が高く、かつ車体のヨーを直接的にコントロールできる構造は、車両運動性能を最大化できるシステムとして考えられ、将来のモータースポーツ車両(FIA E-GT)のレギュレーションにも盛り込まれていることから、STIでは取り組むべき最適な方向性と捉えているといいます。

※ ※ ※

 新型STI E-RAコンセプトは2022年に国内サーキットを含む走行実験を重ねたのち、2023年以降にニュルブルクリンクサーキット(ドイツ)でのタイムアタックでラップタイム400秒(6分40秒)に挑戦することを最初の目標としています。