ホンダは2022年1月14日に、東京オーロサロンの会場において新型「シビック タイプR プロトタイプ」を、世界で初めて公の場に展示しました。まだ詳細なスペックなどは非公開ですが、実車からどんなことが明らかになったのでしょうか。

ついにホンダ新型「シビック タイプR」に会えた!

 ホンダは2022年1月14日に、東京オートサロン2022において、新型「シビック タイプR プロトタイプ」を公の場で世界初公開しました。

 これまでニュルブルクリンクでのテスト前の画像や、鈴鹿サーキットでのテスト風景が公開されていましたが、今回、初めて実車がお披露目されました。

 外装はテストカーと同じく、歴代シビック タイプRをモチーフにしたイラストによるカモフラージュが施され、詳細なスペックはまったく公表されていませんが、実車からわかる部分を探ってみました。

 まずタイヤは265/30ZR19サイズのミシュラン「パイロット スポーツ 4S」を装着。従来モデルの「FK8型」では245/30ZR20サイズのコンチネンタル「スポーツコンタクト6」でしたが、新型ではブランド変更と、さらに1インチサイズダウン、幅は20mm拡大されました。

 フロントブレーキはブレンボ製4ピストンキャリパーで、ブレーキディスクはハブとディスクが別体のフローティング式。リアはソリッドのディスクと片押しキャリパーと、どちらもFK8型から大きく変わっていない印象です。

 また、フロントバンパー下部に配置されたインタークーラーもFK8型と同様のレイアウトとなっています。

 リアウイングはアルミ製と思われるステーによって支えられるタイプで、「バナナウイング」に近い湾曲した形状です。

 断面形状から察するとハイダウンフォースを得るというよりも、車体後方の気流を抑える効果を重視しているのかもしれません。

※ ※ ※

 今回のプロトタイプでは情報は公開されず、内装の撮影もできませんでしたが、新型シビック タイプRは2022年中に正式発表される予定とアナウンスされています。

 シビック タイプRの開発責任者である柿沼氏によると、「このプロトタイプは、すでに市販の状態にかなり近い仕上がりで、市販までの達成度はほぼ100%といっていいでしょう。現在は走行テストによる最終確認という段階です」と、いつ市販されてもおかしくない状態のようです。

 もしかしたら最後の内燃機関モデルとなるかもしれない新型シビック タイプRですから、大いに期待をもって発表を待つことにしましょう。