レクサスは新型「NX PHEV オフロードコンセプト」を東京オートサロン2022で世界初公開しました。どんなカスタムモデルなのでしょうか。

レクサス「NX450h+」をベースにカスタム

 レクサスは、2021年1月14日に新型「NX PHEV オフロードコンセプト」を東京オートサロン2022で世界初公開しました。

 NX PHEV オフロードコンセプトは、2021年11月に発売開始したレクサス初のPHEVモデル「NX450h+」をベースに、EV走行とHV走行がもたらすCO2排出をおさえた優れた環境性能や上質な走りに加えて、電動モーター駆動ならではの低μ路面での安心の走破性を提供。

 加えて、悪路走破性に優れた大径のオールテレーンタイヤとホイールを装着し、SUVらしさがさらに強調されています。

 外観はブロンズとブラックのマット塗装によるカラーコーディネートを採用。また車名バッジとレクサスロゴはスモーク塗装が施されています。

 ルーフはマットブラック塗装のルーフレールやキャリアバスケットが装備されました。

 これらのカスタマイズにより、レクサスらしいアドベンチャーライフスタイルを提案するモデルとしています。

 レクサスは、同車とあわせて「ROVコンセプト」も東京オートサロン2022に出展しています。