「東京オートサロン2022」にて、トヨタ「アルファード」のLM顔カスタムカーが出展されていました。一体、どのような車両なのでしょうか。

レクサス風「アルファード」こだわりのポイントとは?

 2022年1月14日から3日間にわたり開催された「東京オートサロン2022」(以下、オートサロン)に、こだわり抜いたアルファードのカスタムカーが出展されました。

 この車両は、神奈川県にある株式会社イリスインターナショナルの 「SPERIOR(スペリオル)」というブランドで、トヨタ「アルファード 2WDSCパッケージ」をレクサス風に仕上げたカスタムカーです。

 今回出展されたアルファードには、レクサスの象徴ともいえる「スピンドルグリル」のようなグリルが装着されており、エンブレムはアルファードのものを装着しているものの、一見レクサスモデルのような見た目をしています。

 中国など一部のアジア地域では、レクサスから「LM」というミニバンモデルが販売されており、今回のカスタムカーはLMに似ているようにも見えます。

 出展されたアルファードの一押しのポイントについて、この車両を制作したイリスインターナショナルの担当者は「ディスクブレーキをゴールドにしたことがこだわりのひとつです」と話します。

 一般的なディスクブレーキのカラーはシルバーが多く見られますが、このスペリオルのアルファードではゴールドのディスクブレーキにすることによって、ほかと被ることがなく、より高級感の溢れる仕様になっています。

 またブレーキキャリパーカバーも車種専用設計で、ブレーキキャリパーへ直接ステンレス製のブランケットで取り付けるというような、他社とは異なる個性的なものとなっているようです。

 さらに、そのほかのこだわりについて担当者は「他社とは被らない独創的なものの制作に重点をおいており、ホイールやリブ、ディスクブレーキなど、細部のパーツまで細かくこだわりを持って制作している」と話します。

 実際に、ブレーキキャリパーカバーを見てみると、カラーバリエーションには赤・黄・白の3色がラインナップされ、カバー表面には「RUNWAY」のロゴが印字されており、細かい部分までこだわられていることがうかがえます。

 一方で、前出の担当者は、制作で苦労したことについて以下のように語ります。

「ホイールがほかと被らないようにカスタムメイドで作成し、オリジナリティを出す点で非常に苦労しました。

 また、ホイールだけではなく、リムの色もほかにはないような色に変更していたり、そのほかの細かいオーダーでも時間をかけました」

 カスタムメイドのホイールには非常に多くの種類があり、そのなかから、自分だけのオリジナリティ溢れる特別なホイールをカスタムすることができます。

 前出の担当者は、今後の展望について「ほかとは被らない、個性的でオリジナリティ溢れるものを作りたいです。また、魅力を感じるクルマ作りも継続していきたいです」と話します。

※ ※ ※

 スペリオルのように細かいこだわりを持って制作された、普段は目にすることができないようなクルマがさまざま出展されているのも、オートサロンの魅力のひとつといえるでしょう。