アウディジャパンは2022年1月17日、アウディの電気自動車「e-tron」第3弾となるプレミアムコンパクトSUV、新型「Q4 e-tron」「Q4スポーツバック e-tron」を発表しました。発売は同年秋以降を予定しています。

アウディのEV「e-tron」シリーズ第3弾

 アウディジャパンは2022年1月17日、アウディの電気自動車「e-tron」第3弾となるプレミアムコンパクトSUV、新型「Q4 e-tron」「Q4スポーツバック e-tron」を発表しました。発売は同年秋以降を予定しています。

 Q4 e-tronは、アウディがコンパクトSUVセグメントに導入する初の電気自動車で、大型SUVタイプの「e-tron」「e-tronスポーツバック」、4ドアグランツーリスモ「e-tron GT」に次ぐモデルになります。

 電気自動車専用プラットフォーム「MEB」を採用。それにより全長4590mm、全幅1870mm(欧州値)と、Q3とQ5の間に位置するコンパクトなボディながら、インテリア全長はQ5をしのぎ、室内空間や荷室は上位モデルに敵うスペースを実現しています。荷室容量は通常時520リッター(スポーツバックは535リッター)を確保しています。

 ボディタイプはSUV、およびクーペSUVのスポーツバックのふたつのタイプを設定。マトリクスLEDヘッドライトには量産車として世界初となる、MMIを通じて4つのデザインから選択可能なデイタイムランニングライトを備えています。

 空力性能にも注力しており、Cd値はQ4 e-tronが0.28、Q4スポーツバック e-tronが0.26を実現しています。

 パワートレインは、総容量82kWh(実容量77kWh)に駆動用バッテリーを、前後アクスル間の床下に搭載。リアアクスルに1基の電気モーターを搭載し、後輪を駆動します。駆動用電気モーターは最高出力150lW、最大トルク310Nmを発揮、0−100km/h加速は8.5秒、一充電走行距離は516km(欧州値)というパフォーマンスを実現します。

 急速充電はCHAdeMO規格の125kWに対応しており、5%から80%まで約38分で充電可能になっています。

 車両価格(消費税込)は以下のとおりです。

・Q4 40 e-tron:599万円
・Q4 40 e-tron advanced:662万円
・Q4 40 e-tron S line:689万円
・Q4スポーツバック 40 e-tron advanced:688万円
・Q4スポーツバック 40 e-tron S line:716万円