ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2022年1月17日、新型「RANGE ROVER(レンジローバー)」を発表、同日から受注を開始しました。

レンジローバー初の3列7人乗り仕様も用意

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2022年1月17日、新型「RANGE ROVER(レンジローバー)」を発表、同日から受注を開始しました。

 レンジローバーは1970年の初代登場以来、50年以上にわたって常にラグジュアリーSUVの頂点に君臨し続ける4WDモデルで、今回は2013年に登場した4代目以来のフルモデルチェンジになります。

 5世代目となる新型レンジローバーはそのDNAを受け継ぎながら、これまでもっとも魅力的なモデルへと進化し、デザインによるモダン・ラグジュアリーを定義するクルマになっています。また新型は世代を超えて受け継がれてきた3つのライン(ルーフ/ウエスト/シル)などレンジローバーのプロポーションを定義づける要素が随所に散りばめられています。

 新型レンジローバーには、最新アーキテクチャーである完全新設計の「MLA−Flex」を採用。比類なき走破性と機敏なハンドリング、最上級の洗練性を実現しています。このMLA−Flexは、内燃エンジン(ICE)、プラグインハイブリッド(PHEV)、フルEV(BEV)などあらゆるパワートレインに対応できるよう設計されています。

 今回日本に上陸した新型レンジローバーも、300馬力・650Nmを発生する3リッター直列6気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MHEV)モデル、530馬力・750Nmを発生する4.4リッターV型8気筒ターボガソリンモデルに加え、新たに3リッター直列6気筒INGENIUMガソリンエンジンと105kWの電動モーターを組み合わせたPHEVモデル(510馬力、440馬力の2種類)もラインナップ。

 このPHEVモデルはEV走行が可能で、その最大航続距離はWLTP値で100km(実航続距離は最大80km)を実現。一般的なレンジローバーユーザーの1回の走行距離の75%までをフル電動の「EV」モードだけで走行できます。

 フルEVの新型「レンジローバーEV」は、2024年に登場する予定です。

 ボディタイプはスタンダードホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)を用意。シートレイアウトは4人乗り(SV LWB)、5人乗り、そしてレンジローバー史上初となる3列7人乗り(LWBのみ)から選択できます。3列目もフルサイズシートになっています。

ボディサイズ(欧州値)は、SWBは全長5052mm、LWBは5252mmで、全幅は2047mm(ミラーを畳んだ状態)2209mm(ミラー含む)、全高1870mm。ホイールベースはSWBが2997mm、LWBが3197mmです。

 新型レンジローバーの車両価格(消費税込)は、3リッターディーゼルエンジン搭載モデルが1638万円(SE D300 SWB)から1972万円(オートバイオグラフィーD300 SWB)、440馬力仕様のPHEVモデルが1710万円(SE P440e SWB)から2127万円(ファーストエディション P440e LWB)、510馬力仕様のPHEVモデルが1835万円(SE P510e SWB)から2477万円(SV P510e SWB)、4.4リッターガソリンターボエンジン搭載モデルが1830万円(SE P530 SWB)から2775万円(SV P530 LWB)です。