レクサスとジャオスによる「LX600 "OFFROAD" JAOS ver.」が東京オートサロンに登場。最上級SUV「LX」のOFFROADグレードをさらにオフロード向けにカスタマイズしたモデルですが、どのような仕様なのでしょうか。

バンパーやオーバーフェンダーなどを「強化」

 レクサスのフラッグシップSUV新型「LX600」(以下、新型LX)のOFFROADグレードを、さらにオフロード向けにカスタマイズしたモデルが登場しました。

 名前は「LX600 “OFFROAD” JAOS ver.」です。

 レクサスと、4WD・SUV用パーツメーカーのジャオス(JAOS)が共同で企画開発し、「東京オートサロン2022」(1月14日から16日、千葉県・幕張メッセ)に出展しました。

 新型LXは、2022年1月に発売されたばかりの高級SUVです。信頼性や耐久性、悪路走破性などをさらに磨き上げており、今回の全面刷新ではオフロード走行をイメージしたという「OFFROAD」グレードが新たに設定されました。

 レクサスとジャオスは、オートサロンに出展したJAOS ver.の開発背景について次のように説明しています。

「多様化するユーザーのニーズやライフスタイルに応えるために多彩なモデルラインナップを展開しているレクサスから、LX600が新たに発売されました。

 長年にわたって培われた信頼性、耐久性、悪路走破性に加え、上質さをさらに磨き上げた同社における最上級SUVです。

 そのLX600の注目すべきポイントのひと一つが、これまでのLXに存在しなかった “OFFROAD” というグレード。

 文字通り、オフロード走行をイメージした設定は『多様化』というコンセプトを具現化したモデルです。

 そして我々JAOSは、『Experience a New Adventure.(新たな冒険の体験)』をスローガンに掲げ、一人でも多くのお客様に新たな冒険を体験していただけるよう、1985年の創業以来4WD&SUV用パーツの開発や提供を続けています」

※ ※ ※

 JAOS ver.のフロントバンパー下部には標準カバーよりひと回り大きい樹脂製の「JAOSフロントスキッドプロテクター」(税込19万8000円)を装着し、ラギッド感を強調。

 リヤバンパー下部も、さらにひと回り大きな樹脂カバーで守る「JAOSリヤスキッドプロテクター」(24万2000円)を装着しています。

 側面には、精緻なリアルカーボンの織柄でLX600にふさわしい高品質と迫力を両立させた「JAOSオーバーフェンダー type-R」(55万円)が採用されました。

 ホイールは、ジャオスとアルミホイールメーカーのENKEIが共同開発しているTRIBEシリーズの最新モデル「CROSS」をベースに、LX600やランドクルーザー専用として20インチ化した「JAOS TRIBE CROSS 20inch」(各8万1400円)を採用。

 Wフランジリムやフィン状リブ、フレアスポークによって足元を力強く演出しています。カラーは「マットガンメタリック」「チタニウムゴールド」の2種類です。

 JAOSフロントスキッドプロテクター、JAOSリヤスキッドプロテクター、JAOSオーバーフェンダー type-Rは4月発売予定となります。