国道246号のバイパス「厚木秦野道路」の計画が進行中。圏央道・新東名・東名に接続する地域高規格道路ですが、どのようなルートをたどるのでしょうか。

国道246号のバイパスとして整備

 神奈川県内で、新東名高速の伊勢原大山IC〜新秦野IC間(約13km)が、2022年4月16日に開通しました。

 新東名は、残る新秦野IC〜新御殿場IC間も建設が進んでいます。開通時期は示されていませんが、この区間ができると全線開通となり、圏央道以西は東名と新東名の2ルートを選べるようになります。

 一方、神奈川県内では、東名・新東名と並行する形で、3本目の高規格道路の計画が進んでいます。それは、国道246号のバイパス「厚木秦野道路」です。

 厚木秦野道路は、厚木市から秦野市に至る長さ29.1kmの地域高規格道路です。

 圏央道の圏央厚木ICを起点とし、途中の伊勢原北IC(仮称)で新東名の伊勢原大山ICと、秦野中井ICで東名と、終点の秦野西IC(仮称)で新東名の新秦野ICにそれぞれ接続します。

 1998年から順次事業化されていますが、2022年4月時点で進んでいるのは、圏央厚木IC〜厚木北IC(仮称)間3.6kmと、伊勢原北IC(仮称)〜秦野中井IC間10.0kmだけ。それ以外のおよそ半分の区間は、計画の段階で足踏み状態です。

 道路は4車線(片側2車線)・80km/hで設計されています。しかし、開通時期を早めるため、まずは暫定2車線で整備される方針といいます。

 このように整備のスピードはゆっくりといえますが、全線が開通するとどのような効果が期待できるでしょうか。

 国土交通省関東地方整備局によると、国道246号の厚木〜秦野間は慢性的な渋滞が発生しているといいます。

 このため、厚木秦野道路によって、国道246号の渋滞緩和が期待されるとともに、圏央道や東名、新東名へのアクセス性が向上することから、沿線地域の観光振興や企業立地の促進も期待できます。

 厚木秦野道路の事業中区間に対しては、2022年度予算として53億1000万円が計上されました。同年度は、調査設計や用地買収、埋蔵文化財調査などが実施されます。開通時期については未定です。