マツダは、新世代ラージ新型SUV「CX-60」日本仕様を2022年4月7日に発表しました。新型CX-60には4つのパワートレインが用意されています。豊富なラインナップを順にみていきましょう。

新開発の縦置きプラットフォームと高出力パワートレインで構成される新型CX-60

 2022年4月7日、マツダは新世代ラージ商品群第1弾となる新型SUV「CX-60」日本仕様を先行発表しました。

 正式な発売は今年の初秋となるため、価格などの詳細情報はまだ明らかにされていませんが、内外装のデザインや搭載されるパワートレインなどの情報が公開されています。

 新型CX-60は、マツダが今後広く展開していく新世代商品群の中でも、ラージ商品群と呼ばれる大型クラスに属します。

 ラージ商品群は、新開発の縦置きプラットフォームと高出力パワートレインで構成されています。

 日本向けに発表された新型CX-60のパワートレインは全部で4タイプ。主に電動化技術との組み合わせを基本としています。

 トランスミッションは、新開発のトルコンレス8速AT(オートマチックトランスミッション)が用意されます。

 通常のATに組み合わされるトルクコンバーターをクラッチに置き換えたことで、エンジンやモーターのトルクをダイレクトに伝え、リズミカルな変速を実現させたとマツダでは説明します。

 現段階で判明しているパワートレインの情報について、順を追って紹介していきましょう。

 1つめは、マツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV(イースカイアクティブ・ピーエイチイーブイ、以下PHEV)」です。

 PHEVのユニットは、すでにCX-8やCX-5などに採用されている2.5リッター 直列4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」をベースに吸排気系をチューニングし、大きなモーターと大きなバッテリーを組み合わせました。

 エンジンの最高出力は323ps(238kW)/6000rpm、最大トルクは500N/4000rpmをそれぞれ発生。電池容量17.8kWhの大容量バッテリーと組み合わせPHEVシステムを構築します。
 
 2つめは、大排気量の3.3リッター 直列6気筒 ディーゼルエンジンとM HYBRID BOOST(エム・ハイブリッド・ブースト) (48V マイルドハイブリッド)を組わせた「e-SKYACTIV-D(イースカイアクティブ・ディー)」です。

 従来の2.2リッターディーゼルエンジンに比べ大幅に排気量を拡大して高出力化し、同時に燃費効率も高めました。

 エンジンの最高出力は254ps(187kW)/3750rpm、最大トルクは550Nm/1500-2400rpm。マイルドハイブリッドのモーター出力を組み合わせ、低速領域での加速を補います。

 3つめは、e-SKYACTIV-Dから48Vマイルドハイブリッドシステムを省略した3.3リッターディーゼル「SKYACTIV-D 3.3」です。

 最高出力は231ps(170kW)/4000-4200rpm、最大トルクは500Nm/1500-3000rpmとなっています。

 4つめは、最もベーシックな2.5リッター ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」です。

 最高出力は188ps(138kW)/6000rpm、最大トルクは250Nm/3000rpmとなります。

 なおマツダでは、このほかにも日本未導入予定の直列6気筒 ガソリンエンジンも用意し、販売する国や地域の実勢に合わせ展開していくとのことです。