車中泊の魅力といえば、自分のクルマで気軽に寝られることですが、それだけでは快適性はいまひとつです。もうひと工夫するだけでどのくらい快適になるのでしょうか。さらに軽キャンパーの魅力とはどのようなものなのでしょうか。

「車中泊」だけじゃ物足りない! もうひと工夫のススメとは

 近年、ひとつのブームとなっている「車中泊」。大掛かりな準備をせずとも手軽に始められるのが魅力といえます。
 
 では、もうひと工夫として愛車にタープやラックを付けるとどんなコトが可能になるのでしょうか。さらに、軽キャンパーは軽バン&軽ワゴンとどのような違いがあるのでしょうか。

 車中泊というとずっと車内で過ごしているイメージを持つ人が多いようです。

 なかでも軽バン&軽ワゴンともなると、雨でもない限りは外で過ごさないと息が詰まってしまいます。

 そこで使いたいのが、カーサイドタープです。キャンプ用のものとは違って、タープの一部をクルマに付けて使うもので、車内・車外を連続した空間にできるのが美点です。

 車内は寝室、タープ下はくつろぎ&食事の空間というように分けることで、快適性が大幅にアップします。

 また、日差しや雨を除けることができるうえに、風通しのいい開放的な空間をプラスできるので、愛車は軽サイズでも3ナンバーミニバン以上の開放感を味わうことができます。

 また、ファスナーを閉じることで、外から見えない空間にする商品もあるので、着替えやトイレとして活用可能。

 ちなみに、SA・PAや道の駅など公共駐車場では使えないので要注意です。

 予算に都合があれば、付けておきたいのがルーフボックスです。

 軽バン&軽ワゴンで車中泊するときに、意外と邪魔になるのが自分たちの旅行用品。

 運転席、助手席に置いてもいいのですが、大きな荷物になると置くのも困難。

 ルーフボックスに入れておけば、寝ている間に邪魔になりませんし、雨風を除けてくれます。カギがかかるので防犯上も安心です。

もっと快適に過ごしたい…軽キャンパーの魅力とは

 手軽にできる軽バン&軽ワゴンでの車中泊ですが、それ以上の快適性を求めるのであれば、軽キャンパーにしてしまいましょう。

 軽キャンパーのメリットは、単にベッドキットが付いていることだけではありません。

 まず、大抵の軽キャンパーの場合は、シンクや冷蔵庫を付けることができます。

 シンクは小型ですが、水の携行はクルマでも意外と大変。

 しかも、それを使うのも大変。10リットルほどの給排水タンクを備え、電動ポンプによって蛇口から水が出るキャンパーであれば、気軽に洗顔や飲用ができます。

 また停車中の電力供給をおこなう、サブバッテリーやコンセントを備えているのも特徴です。

 使うにはインバーターの装着が必要ですが、オプションでもさほど高額ではありません。

 サブバッテリーは走行中に自動で充電されるようになっているので、ポータブル電源のように家に持ち帰る必要がありません。
 
 車内に対座や横長ソファー、床座のくつろぎ空間を作れるのも、軽キャンパーの魅力です。

 くわえて、頭上や床下に収納キャビネットやスペースがあるので、車中泊に必要な衣類や食料などをシステマティックにしまっておくことができます。

 すでに使っている車両を持ち込んで、キャンピングカーに改造するサービスをおこなっているビルダーもありますので、チェックしてみてください。