クルマを運転する際に必要な運転免許証には、実は3色で色分けされています。どういった違いがあるのでしょうか。

意外と知らない!? 運転免許証に隠された「3色」の秘密

 クルマを運転する際に必要な運転免許証。

 実は、免許取得した区分によって有効期限が記載された帯部分が3種類の色に分けられています。それぞれどういった違いがあるのでしょうか。

●緑色

 運転免許証の帯の色と有効期限は、その時の状況によって5つの区分に分かれています。これは、道路交通法第92条にて規定されています。

 運転免許を初めて初めて取得した際は、「新規取得者」という区分となり、帯が緑色になります。有効期間は3年です。

●青色

 新規取得者から3年が経過して、その後義務づけられている初回講習に参加すると「初回更新者」の区分になり、帯色が青色になります。

 対象は継続して免許を受けている期間が5年未満で、かつ違反や事故の有無が違反運転者講習の区分に該当しない人で、有効期間は3年です。

 このほか、免許証が青色に該当する区分には、「一般運転者」「違反運転者」があります。

「一般運転者」は、免許取得から継続して5年間が経過し、違反点3点以下の軽微な違反を1回のみの人が対象で、有効期間は5年です。

「違反運転者」は、違反が複数回あるか、または怪我のある事故を起こしてしまった人が対象となり、有効期間は3年です。

●金色

 これは、継続して免許を受けている期間が5年以上、かつ違反や怪我のある事故を起こしていない人が対象で、「優良運転者」の区分として帯の色が金色になります。有効期間は5年です。

 この免許証は、無事故・無違反の優良運転者の証として、「ゴールド免許」とも呼ばれています。

 SNSでは、「ドライバー歴20年でやっとゴールド免許!」「ゴールド目指して頑張る!」などの声がよせられており、クルマを日常的に使うドライバーは、ゴールド免許を取得できるとうれしいものです。

 一方で無事故・無違反が継続できないと取得できないことから、「憧れのゴールド免許、、」「あ〜次の更新で青になる泣」などの声もあり、取得が難しいと感じているユーザーもいるようです。

 ゴールド免許を取得していると、更新までの期間が2年分長いほか、オンラインで免許の更新講習が受けられたり(4道府県で2023年3月末まで試行、その後全国展開予定)、任意保険の割引対象となるなど、さまざまなメリットがあります。

※ ※ ※

 普段からクルマを運転している人は、ゴールド免許にしたいと思う人もいるでしょう。

 無事故・無違反のゴールド免許を目指すには、交通マナーの徹底が第一です。

 一時停止でしっかり停止する、黄色信号の時はスピードを出さず停止する、横断歩道は歩行者優先など、クルマの交通ルールをしっかり守って安全運転を心がけることが大切です。