日産は4月25日、クルマの緊急回避性能の飛躍的な向上につながる運転支援技術、「グラウンド・トゥルース・パーセプション(Ground truth perception)」技術を発表しました。2030年までの日産の新型車ほぼすべてに搭載することを目指して開発中です。

自動ブレーキだけじゃない!2030年の日産の運転支援技術はここまで進化する!?

 日産は4月25日、現在開発中のクルマの緊急回避性能の飛躍的な向上につながる運転支援技術、グラウンド・トゥルース・パーセプション(Ground truth perception)技術を発表し、試作車が自動で緊急回避操作をおこなうデモンストレーションを公開しました。

 現在開発が進められているこの技術は、2020年代半ばまでに開発を完了させ、順次新型車へ搭載し2030年までにほぼすべての新型車に搭載することを目指しているといいます。

 いったいどのような技術なのでしょうか。

 今回、日産が開発したグラウンド・トゥルース・パーセプション技術は、世の中で起こる多次元に複雑な事故を回避するため、物体の形状や距離などを高精度で認識することができる次世代高性能ライダーとカメラ、レーダーからの情報を組み合わせ、周囲の空間と物体の形状を優れた正確性でとらえ、その変化をリアルタイムに把握する技術です。

 この技術によりクルマは時々刻々と変化する状況を瞬時に分析し、自動で緊急回避操作を行うことが可能となっています。

 日産は走行中に起こりうるさまざまな状況を想定し、高度な緊急回避制御の開発を加速するため、グローバルに最先端の技術を有する企業とパートナーシップを組み、相互にノウハウを共有しながら、この運転支援技術の開発を進めています。

 具体的には、特に重要な要素である次世代LiDAR技術は、世界トップレベルの技術を有するルミナー社と共同で、また精度の高いデジタル環境下での先進のシミュレーション技術を有するアプライド インテュイション社と組み、開発を進めているとのこと。

 今回発表されたデモンストレーションに用いられていた車両は、日産の現行型「スカイライン」をベースに仕上げられた「プロパイロット コンセプトゼロ」搭載車です。

 このテスト車両には、ルーフ上部にはルミナ―社製のLiDARが装着されており、また前後だけでなくフロントとAピラー上部やフェンダーなどにも左右斜めの認識もおこなうカメラが車両周辺に計10個、加えて前後計7つのRadarを搭載。

 公開された動画では、左側の駐車列からバックで出てきた車両を避けるために右側へ回避したものの、その避けたほうから今度は人が飛び出してきたパターンや、大型車の外れたタイヤが転がってきたのを避けた先からクルマが飛び出してくるパターンなどでも、ステアリングとブレーキを自動制御して緊急回避を実施する様子が確認できます。

 また、前方の渋滞や路上の障害物などを遠方から検知し自動で車線変更したり、ホテル玄関前へのアプローチなど、地図情報が整備されていない敷地内の道における自動運転も可能となっている場面も合わせて公開されています。

 日産の研究開発を担当する専務執行役員の浅見孝雄氏は、今回の技術発表に合わせて次のように話しています。

「日産はこれまで、数多くの先進運転支援技術を世界に先駆けて市場投入してきました。私たちは将来の自動運転を見据えたとき、最も重要なことはクルマの安全性に関して高い安心感をお客さまが持てることであると考えています。

 現在、開発を進めているグラウンド・トゥルース・パーセプション技術は、走行中に起こりうるさまざまな状況において、緊急回避操作を自動化することを可能とし、クルマの安全性能を向上させます。本技術は、将来の自動運転の実現に大きく貢献するものと自信を持っています」

 このグラウンド・トゥルース・パーセプション(Ground truth perception)技術は、2030年までに日産のほぼすべての新型車に搭載することを目指して開発が進められています。