中央道の高井戸IC〜八王子ICで、集中工事に伴い車線規制や調布ICの一部閉鎖が予定されています。NEXCO中日本は国道20号や東名などへの迂回を呼び掛けています。

上り八王子IC〜国立府中IC間は正午から翌朝まで車線規制

 ゴールデンウィーク後に、中央道の高井戸IC〜八王子IC間で、集中工事に伴う車線規制と調布ICの一部閉鎖が予定されています。

 車線規制の期間は、2022年5月9日から5月27日までのおよそ3週間です。

 時間は上下線とも平日の18時から翌朝6時までですが、上りの八王子ICから国立府中ICまでは正午から始まります。

 NEXCO中日本八王子支社によると、工事期間中は高井戸IC〜八王子IC間で10km程度の渋滞が予想されるといい、利用する際は最新の交通情報を確認するとともに時差利用を呼び掛けています。

 また、並行する国道20号や、東名+圏央道などの迂回ルートを利用してほしいとしています。

 工事期間中は、中央道と国道20号などの一般道を相互に利用したり、八王子JCT以西のICと東名の東京ICを相互に利用したりした場合、通行料金が調整されます(諸条件あり)。

 調布ICの閉鎖は、5月16日の20時から翌17日6時にかけて実施される予定です。中央道から降りる出口は利用できますが、国道20号から中央道(上下線)への入口が通行止めとなります。

 今回の集中工事では、傷んだ舗装面の補修や橋のつなぎ目部分(伸縮装置)の取り替え、遮音壁の補修などがおこなわれます。

 なお、中央道ではほかの区間でも改修工事に伴う交通規制が計画されています。

 諏訪IC〜諏訪南IC間では、5月16日から7月15日までの2か月間、昼夜連続で対面通行規制を実施。

 多治見IC〜土岐IC間と中津川IC〜園原IC間では、5月9日から12月10日までの7か月間、昼夜連続で車線規制や対面通行規制が実施される予定です。