高速道路のSA・PAと連結し、高速から降りずに施設利用や観光ができるハイウェイオアシス。今回は、東日本にあるユニークなハイウェイオアシスを3か所紹介します。

トイレや食事、買い物だけじゃない!

 首都高初のハイウェイオアシスが、2022年4月25日にオープンしました。

 川口線の上りにある川口PAと、埼玉県川口市の「イイナパーク川口」(赤山歴史自然公園)が連結。「関東最大級の遊び場」という全天候型の遊具施設「ASOBooN(アソブーン)」なども開業しています。

 このようにハイウェイオアシスは、高速道路のSAやPAとともに、その土地の公園や地域振興施設、観光施設などが併設されています。

 そこで今回、東日本から、目的地にしたくなるような魅力的なハイウェイオアシスを3か所紹介します。

ゲレンデ直結「佐久平PA」

 上信越道の佐久平PA(長野県佐久市)は、スキー場「佐久スキーガーデンパラダ」と直結しています。PAの駐車場からジャンボエスカレーターを登るとゲレンデに着きます。

 ゲレンデは南北の2エリアに分かれており、初級から上級まで計7つのコースを楽しめます。

 夏季は、木々をネットでドーム状に囲った「カブトムシドーム」が出現し、カブトムシやオオムラサキなどの昆虫観察が可能です。多目的広場では、ふわふわの遊具や芝そり遊びも楽しめます。

 遊び疲れた後は、天然温泉の露天風呂「みはらしの湯」で、汗を流すこともできます。

 なお、佐久平PAはスマートICも併設されており、このスマートICを介してUターンすることも可能です。

オリジナル「リカちゃん」作りを体験

広大な森が広がる「砂川SA」

 砂川SA(北海道砂川市)は道央道の札幌〜旭川間に位置しています。SAと連結している「北海道子どもの国」は、232.5ヘクタールの広大な敷地を持つ公園です。上下線のどちらからでも利用できます。

 園内では、世界の七不思議といわれるピラミッドやピサの斜塔、ストーンヘンジなどを縮小して遊具として再現。また、ジャンボ滑り台などの遊具や水遊び施設、森の迷路、パークゴルフ場、バーベキューコーナーなども備えられています。

 南欧の宮殿を模した砂川ハイウェイオアシス館では、北海道のおみやげや空知の特産品、野菜、海産物などが並ぶほか、砂川の菓子店・北菓楼のソフトクリームや、レストランでは豚肉ソテーにケチャップで味付けした砂川名物ポークチャップも楽しめます。

 なお、砂川SAではUターンも可能です。札幌や旭川から来て、そのまま戻ることもできます。

道の駅やおもちゃ博物館と隣接「壬生PA」

 北関東道の壬生PA(栃木県壬生町)は「道の駅みぶ」や「栃木県とちぎわんぱく公園」と隣接しており、徒歩でアクセスが可能。

 公園は、トリックアートなど科学の原理と人間の生理を利用した“ふしぎ”な体験が楽しめる施設「ふしぎの船」をはじめ、迷路やカヌー遊びなどにも挑戦できます。

「壬生町おもちゃ博物館」は、玩具や鉄道模型などが数多く展示され、オリジナルのリカちゃん人形を作れる体験や、玩具の歴史を学べるコーナーもあります。

※ ※ ※

 このほか、山形道の寒河江SAに隣接している「最上川ふるさと総合公園」には、スケートボード・インラインスケート・BMXが楽しめる本格的コンクリートパークも存在。その規模は約2700平方メートルで、東北最大級といいます。

 ハイウェイオアシスのメリットは、高速道路のICから出ることなく、SA・PAから直接利用できることです。食事やトイレ、買い物に加えて、いろいろなサービスやアクティビティを楽しむことができます。

 ドライブ旅行で気分転換に立ち寄るのはもちろん、ハイウェイオアシス自体を目的地にしてドライブとレジャーを楽しむのも良いかもしれません。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一部サービスや店舗などの営業が休止されていたり、通常より短縮されていたりする場合があります。ご注意ください。