2022年4月25日、日産が新型「フェアレディZ」の詳細を発表しました。全グレードの価格もついに明らかになりましたが、エントリーモデルは何百万円の設定なのでしょうか。

「Version ST」は約650万円という価格設定

 日産は、新型「フェアレディZ」の詳細や全グレードの価格を2022年4月25日に発表しました。

 発売時期が、当初アナウンスされていた「2022年6月下旬」(限定車のProto Spec)から遅れて「2022年夏」になることもあわせてアナウンスされたものの、新型フェアレディZはどのような最新スポーツカーとして登場するのでしょうか。

 新型フェアレディZは、ボディサイズが全長4380mm×全幅1845mm×全高1315mm、ホイールベースが2550mm。

 最高出力405馬力・最大トルク475Nmを発揮する3リッターV型6気筒ツインターボエンジン(VR30DDTT型)を搭載します。トランスミッションは6速MTもしくは新開発の9速AT(9M-ATx)が組み合わされます。

 日産の後輪駆動車として初めて、停止状態から加速性能のポテンシャルを最大限発揮する「ローンチコントロール」を搭載。

 また、フロントボディ周辺やリヤクロスメンバーの強化、フロントハイキャスターサスペンションや高応答モノチューブダンパーの採用などにより、より優れた走行性能を実現します。

 2021年夏に北米仕様が世界初公開された際、歴代モデルをオマージュした内外装も話題となりましたが、日本仕様のボディカラー・内装色も明らかになりました。

 ボディカラーは、モノトーン3色と、ツートーン6色(いずれもスーパーブラックルーフ)の計9色を設定。ツートーンには、新色のセイランブルーとイカズチイエローが含まれます。

 内装色はブラックのほか、グレードによってはレッドも選択可能です。

 また発表された価格(消費税込、以下同様)では、ベースグレードが524万1500円に設定されることが明らかになりました。MTとAT、どちらのトランスミッションでも価格は同一です。

「Version T」グレード(ATのみ)が568万7000円、「Version S」グレード(MTのみ)が606万3200円、「Version ST」グレード(MT・AT選択可)が646万2500円です。

 なお、240台限定として東京オートサロン2022で発表された前述の「Proto Spec」(MT・AT選択可)は、696万6300円に設定されていました。

 日産の最新FRスポーツカーとして登場する新型フェアレディZの姿に、注目が集まっています。

 それではここでクイズです。

 新型フェアレディZに搭載される前述のVR30DDTT型エンジンについて、405馬力・475Nmという最高出力・最大トルクも含めて同等のエンジンが、現行モデルの「スカイライン」の「400R」グレードにも搭載されます。

「400R」グレードに搭載されるトランスミッションとして正しいものは、次のうちどれでしょうか。

【1】5速MT

【2】6速MT

【3】7速AT

【4】9速AT

※ ※ ※

 正解は、【3】の7速AT(7M-ATx)です。

 ちなみに、スカイラインの「400R」グレードの価格は562万5400円であることから、新型フェアレディZのベースグレード(524万1500円)の方が40万円ほど安い設定となっています。