ホンダのインド法人は、新型「シティe:HEV」の生産を現地で開始したと発表しました。

予防安全システム「ホンダセンシング」も搭載!

 ホンダのインド法人(ホンダカーズインディア)は、2022年4月19日に新型「シティe:HEV」の生産を同社のラジャスタン州タプカラ工場で開始したと発表しました。

 2022年現在、海外向けセダン/ハッチバックとして車名が残っているシティですが、インド市場ではこれまでセダンのガソリン/ディーゼル仕様が生産されていたものの、今回よりセダンのハイブリッド仕様(e:HEV仕様)も現地生産・投入されます。

 外観は、水平基調のキャラクターラインが強調された流麗なシルエットが特徴的で、フロントフェイスはツリ目のヘッドライトとメッキ加飾入りのフロントグリルを採用します。

 搭載されるパワーユニットは1.5リッターガソリン+2モーターから構成される「e:HEV」ハイブリッドシステムで、EVモード、ハイブリッドモード、エンジンモードといった各走行モードをシームレスに自動で切り替えます。

 また、衝突被害軽減ブレーキやACC、路外逸脱抑制機能、車線維持支援システムから構成される予防安全システム「ホンダセンシング」を搭載。

 ホンダカーズインディアによると、インド市場向けホンダ車においてホンダセンシングのこれらの機能が搭載されるのは初ということです。

 ホンダカーズインディアの津村卓哉社長兼CEOは、新型シティe:HEVについて次のようにコメントします。

「発表以来、新型シティe:HEVに対して大きな反響が寄せられています。新型シティe:HEVは、電動車をお求めのお客さまにとって、非常に実用的かつ負荷の少ない選択肢です」

 現在、ホンダカーズインディアは新型シティe:HEVの予約注文を現地で受け付けています。