ホンダの軽自動車「N-BOX」が長らくNo.1の販売記録を続けるなか、かつてのトップセラー「フィット」の販売が振るいません。ホンダになにがあったのでしょうか。

歴史は繰り返す!? 上位クラスのユーザーを取り込み大ヒットした「フィット」と「N-BOX」

 ホンダの軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」が売れまくっています。
 
 全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)と自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)調べによる、2021年度(2021年4月から2022年3月)の新車販売台数で、N-BOXは軽自動車・登録車を含めた全乗用車の総合第1位を獲得しました。

 N-BOXの2021年度における販売台数は19万1534台。軽自動車ジャンルに限れば7年連続の1位記録となっていて、その勢いはコロナ禍の中でも留まることを知りません。

 次いで2021年度の販売台数2位はトヨタのコンパクトカー・コンパクトSUV「ヤリス」(ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス合計で19万1414台)、3位にトヨタのコンパクトハイトワゴン「ルーミー」(13万4321台)がランクインしています。

 4位以下も軽自動車やコンパクトカーが続いており、小型モデルの人気の根強さが実証されています。

 ホンダの他のモデルはどうでしょうか。

 小型モデルでは、コンパクトミニバン「フリード」が7万3661台、コンパクトSUV「ヴェゼル」が5万9674台とどちらも堅調な売れ行きを示しています。

 一方で、かつては販売台数1位の常連だったコンパクトカー「フィット」が苦戦中です。

 2021年度におけるフィットの販売台数は5万5947台。前年度比でみると59.3%まで落ち込んでいます。

 現行型フィットは2020年2月にフルモデルチェンジした4代目。デビューからまだ2年が経過したばかりで、モデル末期という訳ではありません。

 首都圏のあるホンダカーズ販売店の販売スタッフは「現在フィットを購入するのは初代や2代目フィットからの代替ユーザーが多く、新規ユーザーはあまりいません」と内情を教えてくれました。

 かつてフィットを支持していたファミリー層は、現在N-BOXやフリードなどのスライドドアモデルに興味を示すとのこと。フィットが話題にのぼることは非常に少なくなったといいます。

※ ※ ※

 フィットは2001年に初代モデルがデビューしました。

 価格を抑えた小型車ながらクラスを超えた広い室内を持ち、スタイリングもこれまでにない新鮮な印象でした。

 燃費にも優れ走行性能も十分に確保するなど、これ1台でマルチに使えるクルマとして老若男女から支持を集めたのです。

 上位クラスのシビックやアコードのユーザーも取り込み、瞬く間にトップセラーに。フィットは、当時としてはホンダ最速となる11年9か月で、累計販売台数200万台の快挙を達成しています。

 そんなフィットの記録を上回ったのが、2011年12月に初代モデルがデビューしたN-BOXでした。

 N-BOXは背高で四角い高効率なスタイリングを持ち、軽最大級の広い室内を確保。女性ユーザーを強く意識したかわいらしいデザインが多かったライバル車に対し、プレーンなデザインとすることで、男性ユーザーの支持も獲得しました。

 十分な走行性能と低燃費性能、さらにクラスを超えた小型車クラス同等の安全性能を有するなど、これ1台で十分にファーストカーとして使える実用性を有したのです。

 それはまさに、10年前に初代フィットで大成功した手法そのものといえます。

 N-BOXはデビューからわずか9年5か月で累計販売台数200万台を達成。フィットの最速記録を更新したのでした。

 そんなあおりを受け販売台数を減らしたのがフィット自身だったことに、どこか皮肉な運命の流れを感じずにはいられません。

※ ※ ※

 前出のホンダ営業スタッフによると、フィットからフィットへ代替するユーザーは年齢層も比較的高く、このままでは先細りが予想されると危機感を募らせています。

 他方で、フィットのライバル車となるコンパクトカーのヤリスや日産「ノート」などは順調に販売台数を伸ばしており、コンパクトカーの需要は十分にあることが証明されています。

 しかしホンダの場合、身内のN-BOXやフリードなどに顧客を奪われてしまい苦戦しているのです。

 通例で考えると、デビューから2年が経過した現行型フィットはそろそろマイナーチェンジを実施するタイミングを迎えます。

 現状を打破する刷新となるか、フィットの巻き返しに注目したいところです。