キントは新サービス「KINTO FACTORY」に「GRアップグレードセレクション」をラインナップし、第1弾として「GRヤリス“モリゾウセレクション”」で展開します。

クルマが進化するサービス「KINTO FACTORY」にGRが追加された

 2022年4月27日にKINTO(キント)は「KINTO FACTORY」にスポーツカーシリーズ「GR」を対象とした「GRアップグレードセレクション」をラインナップへ追加したことを発表しました。
 
 その第1弾として「GRヤリス“モリゾウセレクション”」を契約したユーザー対象に提供を開始しました。

 KINTO FACTORYとは、2022年1月にトヨタとキントが開始した新サービスです。

 これは、ユーザーがすでに購入したクルマに、その後の技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映し、クルマを「進化」させる取り組みとなっています。

 これまでは、トヨタ・レクサスの一部車種が対象となっていましたが、今回GRが加わったことでさらなるサービスが追加されました。

 技術革新に合わせてクルマの基本性能を向上させる「アップグレード」では、モータースポーツ参戦により得た知見を生かして開発した「エンジン」、「4輪駆動配分」、「ステアリング」を制御する3つのソフトウェアから構成される「GR YARIS PERFORMANCE SOFTWARE 1.0」を提供。

 納車時のGRヤリス“モリゾウセレクション”に対して、より機敏なアクセルレスポンスを持たせると同時に、ステアリング操舵力を重めに設定し、フロント寄りの駆動配分とすることで、より安定感のある走行フィーリングを実現します。

 ユーザーひとりひとりに合わせてクルマの設定を最適化する「パーソナライズ」では、個々の走行データをもとに「エンジン」「4輪駆動配分」「ステアリング」を制御する3つのソフトウェアをカスタマイズする「GR YARIS PERSONALIZE SOFTWARE 1.0」を提供します。

 このパーソナライズでは、トヨタ・豊田章男社長(モリゾウ)自らハンドルを握るROOKIE Racingがスーパー耐久シリーズの現場で実践する「より安全でコントロールしやすいクルマを実現する、ドライバーに合わせた細かなセッティング変更」から着想を得て開発したといいます。

 さらに、プロドライバーの佐々木雅弘選手の監修により、レースの現場で実践する、走行データ分析とコンサルティング手法を織り込んでいます。

 トヨタとキントは、このサービスに対して「目指すのは、クルマをお届けして終わりではなく、お届けしたあと、お客さまに寄り添ってクルマを進化させていくことにより、そのクルマをより深く愛していただける世界です」と説明しています。

 今後、これらのサービスはGRヤリス“モリゾウセレクション”だけでなく、「プリウス GR SPORT」や「GRヤリス(RZグレード)」、「GRヤリス(RCグレード)」などに対象車種を拡大し取り組みを加速させていくようです。

※ ※ ※

 なお、これらのサービスは、KINTO FACTORY専用ページもしくは、GRヤリス“モリゾウセレクション”を購入した店舗を通じて利用出来ます。