欧州で「Tクラス」が世界初公開されました。メルセデス・ベンツのプレミアム小型ミニバンで、内外装のつくりはまさにメルセデス品質。日本にも導入されるのでしょうか。

ベースの「T160」は3万ユーロ(約408万円)から

 独メルセデス・ベンツは2022年4月26日、欧州にて新型「Tクラス」を世界初公開しました。

 新型Tクラスは、メルセデス・ベンツとしてまったく新しいモデルとなり、メルセデスのミニバンとしては最小のセグメントに位置づけられます。

 スモールバンのプラットフォームを使い、アクティブなレジャー愛好家や、ファミリーのニーズに合わせた新しいクラスが誕生します。メルセデス・ベンツは「Vクラス」と同様に、2022年後半から市場導入するといいます。

 ボディサイズは全長4498mm×全幅1811mm×全高1859mm、ホイールベースは2716mmで、乗車定員は5名です。今後、最大7人乗りのロングホイールベースバージョンも追加される予定です。

 リアにスライドドアを備え、スライド幅は614mm、開口部は高さ1059mmという「ワイドオープニングスライドドア」で、後席への乗降は子供でも素早く安全におこなうことが可能です。

 後席を折りたたむと、荷室の床とほぼフラットにすることが可能です。

 リアドアはヒーター付きリアウインドウを備えたテールゲートを標準装備しますが、2分割の観音開きドアも用意されます。このドアは90度の位置でロックが可能で、最大180度まで開くこともできます。

 今回発表されたのは「T160d」「T180d」「T160」「T180」のディーゼル2グレード、ガソリン2グレードです。ディーゼルモデルは1461ccの直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載、T160dは最高出力95馬力・最大トルク260Nm、T180dは116馬力・270Nmとなります。

 またガソリンモデルは1332ccの直列4気筒ターボエンジンで、T160が102馬力・200Nm、T180が131馬力・240Nmを発生します。

 組み合わされるトランスミッションは6速MTまたは7速DCTで、すべてFFとなります。ベース仕様のT160の車両価格は3万ユーロ(日本円で約408万円。ドイツ付加価値税VAT19%込)です。

※ ※ ※

 メルセデス・ベンツは2021年8月に、欧州で新型「CITAN(シタン)」を世界初公開しています。

 新型シタンは、商用車の「シタン・パネルバン」と乗用車の「シタン・ツアラー」を用意。さらに電気自動車(BEV)の「eシタン」を用意します。通常のボディサイズのほか、今後ロングホイールベース版やショートホイールベース版などが追加される予定です。

 シタンは、ダイムラーとルノーの業務提携をきっかけに、2012年10月に欧州で登場したスモールバンで、ルノー「カングー」をベースとしたモデルとなり、仏モーブージュにあるルノー関係工場で生産されています。

 新型シタンは2代目で、2021年4月に14年ぶりのフルモデルチェンジをはたした3代目新型「カングー」をベースにしています。ベーシックモデルのドイツでの価格は、2万3800ユーロ(日本円で約323万円。ドイツの付加価値税VAT19%込)からとなっています。

 今回登場した新型Tクラスは、この新型シタンをベースに、インテリアの質感や走りなど、メルセデスらしい作り込みがおこなわれたプレミアム・コンパクトミニバンです。

 また2021年5月に登場した「コンセプトEQT」は、新型Tクラスをベースとした電気自動車(EV)を示唆するモデルです。コンセプトEQTの外観デザインは、ひと目でメルセデスのEVシリーズ「EQファミリー」の一員であることがわかるもので、バランスの取れた筋肉質なプロポーションが特徴です。

 このモデルをベースにした新型「EQT」も2022年中に世界初公開される予定です。