購入したクルマを“進化”させるサービス「KINTO FACTORY」に2022年4月27日「GRアップグレードセレクション」が追加設定されました。具体的にどのようなサービスがおこなわれるのでしょうか。「GRヤリス」を愛車にもつ山本シンヤさんが実際に体験したレポートです。

自分のクルマがより好みに進化する!これぞ正真正銘のオーダーメイドサービス!?

 トヨタは「幸せの量産」を経営理念に挙げていますが、その一方で「個々に合わせた幸せ」の挑戦もおこなっています。
 
 そのひとつが、KINTO専売となる「GRヤリス“モリゾウセレクション”」です。

 車両を見ると随所にモリゾウ選手がオーナーであるプライベートチーム「ROOKIE Racing」のコーディネイトやアクセントが施されています。

 具体的にはエクステリアはモリゾウサイン入りウィンドウシールド/専用ホイールオーナメント/専用サスペンション塗装、インテリアは専用スポーツシート/専用ステアリング/専用ドアスイッチベースなどの特別装備をプラス。

 これだけなら「よくある特別仕様車」といった感じですが、このモデルの本質は見えないところにあります。それをひと言でいうと「人により添って進化するクルマ」です。

 まずそのひとつ目は「アップデート」になります。これは技術革新に合わせたソフトウェアの反映を通じて、クルマの基本性能を最新化させるサービスで、第1弾のメニュー(GR YARIS PERFORMANCE SOFTWARE1.0)を発表。

 具体的にはエンジン(高応答アクセルレスポンス)/ステアリング(重めの操舵力に変更)/4輪駆動配分(トラックモードの配分比を50:50→55:45に変更)などがおこなわれます。

 もうひとつが今回紹介する「パーソナライズ(GR YARIS PERSONALIZE SOFTWARE1.0)」です。

 GRヤリスは「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を色濃く反映させたモデルです。正式発売後もスーパー耐久シリーズや全日本ラリー選手権を始めとする様々なモータースポーツフィールドを活用しながら鍛え続けています。

 そんなモータースポーツの世界では、同じクルマでもコース/天候、ドライバーの好みなどに合わせてセットアップをおこないます。

 パーソナライズは、このセットアップ作業から着想を得たサービスです。つまり、オーナーひとりひとりの運転特性や好みに合わせた「オレ様仕様」に調整することができるのです。

 すべてのナンバー付きモデルは多くの人が乗ることを考えたセットアップが施されています。それはGRヤリスであっても同じです。

 ただ、ユーザーの運転の癖や好みは千差万別のため、当然「もう少し〇〇だったら」といった要望も出てきます。

 これまでは「量産車ですから……」で済ましていましたが、今回は違います。これは大量生産を得意とするトヨタが“個人”にフォーカスした大きな挑戦といっていいかもしれません。

 モータースポーツから生まれたGRヤリスを、モータースポーツの手法を用いて進化させる。

 これは自身も参戦するモータースポーツの世界での「時々刻々とクルマが進化」、「セットアップ如何でクルマ大きく変わる」ということを、身をもって体感してきたモリゾウこと豊田章男社長が、「ドライバーに寄り添う進化を一般ユーザーにも味わってもらいたい」という発想から生まれたプログラムなのです。

 今回サービスの開始に先駆け、筆者(山本シンヤ)はこのパーソナライズプログラムを体験してきました。場所は富士スピードウェイ内にある「モビリタ」内に作られた3つのコース(旋回制動/パイロンスラローム/定常円旋回)を用います。

 パーソナライズのメニューを簡単に説明すると、このような流れになります。

 ・1 ツルシの状態の車両で走行
 ・2 収集した走行データをプロドライバーのデータと比較
 ・3 ドライバーの印象をヒアリング
 ・4 走行データとヒアリングを元にエンジン制御/EPS制御/AWD制御を調整。
 ・5 再び同じコースを走る
 ・6 変更によるフィーリング変化と走行データを比較/検証
 
 筆者が走る前に、基準となるプロドライバーの走行データ取りをおこないます。

 今回はこのプログラムの監修をおこなう佐々木雅弘選手です。自分の走りをプロドライバーと比較されると思うと、少々緊張します。

まさかの「モリゾウ」さんご本人が登場…!?

 続いて筆者の走行データ取りですが、今回は本格運用に向けたテストも兼ねていることから、GRヤリスの開発責任者・齋藤尚彦氏をはじめとする開発チームの面々が勢ぞろい。

 さらにそのタイミングで何とたまたま別のテストで富士スピードウェイに来ていた豊田章男社長がサプライズで登場。

 パーソナライズの取材をやっていることを聞きつけ見学に来たとのことですが、いきなり社長の前で走りを披露という状況に。

 さらに佐々木選手には「普段、記事ではいろいろといっていますからねぇ(笑)」とプレッシャーを掛けられながらのスタートです。

 といっても、スタートすればいつものように冷静沈着(のはず)なドライビングで3つのステージを走行。

 戻ると豊田社長から「シッカリ走れていましたよ!!」といわれてホッとするも、すぐにトヨタのエンジニアから車両に関するヒアリングを受けます。

 筆者が走行中に気になったのは2点。1つは「自分が思っているよりクルマの向きが変わりにくいこと」、もう1つは「アクセルコントロールが難しい」でした。

 続いて、車両から取り出した走行データを佐々木選手の走行データを重ねながら分析をおこなっていきます。エンジニアとデータを見ながらレクチャーを受けるのですが、なぜか横には豊田社長が(笑)。

 言い出しっぺの豊田社長ですが、このサービスの流れを見るのは初ということで興味津々です。

 エンジニアからは「基本的に佐々木選手と大きなズレはありませんが、シンヤさんがヒアリングでいわれていたことはデータにも出ています」とのコメントがありました。

 具体的にはひとつ目はパイロンスラロームで徐々に操舵遅れが生まれてコーナリング速度が落ちていること。もうひとつはパイロンスラローム&定常円旋回でボトムスピードが落ちすぎていること(=加減速コントロールが上手にできていない)。

 ヒアリングとデータ分析を元に、エンジニアからはこのような提案を受けました。

「EPS制御は軽い方向、エンジンレスポンスは穏やかな方向にアジャストさせると、更に乗りやすくなると思います」。

 そして、その場で仕様変更をおこないます。ステアリングコラム下にある故障診断用コネクターに専用機器を繋いで制御を変更しますが、10から20分程度で作業終了。

 もちろん、ハード側は一切手を入れていませんので、当然見た目は何も変わりません。そして、再び同じコースを走らせます。

まさか、ここまで変わるとは…!!

 実際に走ってみた感想は「最初の時よりも確実に乗りやすくなっている!!」です。

 具体的にはステアリングは最小限の舵角で曲がれている印象、スロットルは操作に対してより忠実に感じ、結果としてクルマとの一体感がより高まったように感じました。

 データもそれを証明していました。パイロンスラロームではライン取りはより正確、ボトムスピードはアップ、無駄な加減速は抑えられる……など、よりスムーズなドライビングへと変化、結果として通過タイムも短縮していました。

 更に定常円旋回では無駄な挙動がない綺麗なラインでの走行が可能で、タイヤのグリップ限界ギリギリを使った走行も、より楽にできるようになりました。

 つまり、筆者にベストになるようにセットアップを変更したことで、ツルシの状態のときよりも「より速く、より安全に、より楽に」に走らせることができるようになったというわけです。

 もちろん、なかには「クルマの特性に合わせてドライバーがアジャストして乗るべし」という意見もあると思いますが、筆者は相棒とは「信頼関係を自然体で築ける関係」だと思っていますが、それは人と人だけでなく、クルマと人も同じです。

 パーソナライズの話を最初に聞いたとき「オーダーメイドと言いつつも、『特定の仕様』がいくつか用意されており、それに当てはめていくのかな?」くらいに思っていましたが、これは正真正銘のオーダーメイドです。

 もちろん、アフターのパーツ交換で解消できる部分もありますが、「純正のいいところは変えず、気になるところを解消」という観点では唯一無二の存在であり、まさにチューニング(=調整)の名にふさわしいメニューです。

 ノーマルを超えるノーマル、「スーパーノーマル」と呼びたくなってしまいます。

 このサービスは、現在はGRヤリス“モリゾウセレクション”のみとなっていますが、今後は通常販売のGRヤリス(RZ/RC)、プリウスPHV GRスポーツなど対象車種を拡大していく計画があるそうです。

 個人的にはGRヤリスの可能性を信じて試乗どころか実車も見ずに購入した「ファーストエディション」のユーザーに対して、いち早くサービス展開をしてあげるべきだと思っています。