トヨタが、高級ミニバン「アルファード」に特別仕様車「アルファード S タイプゴールドIII」を設定するほか、ヴェルファイアにも「ヴェルファイア ゴールデンアイズIII」を設定します。5月13日より発売されるといいますが、どのような仕様なのでしょうか。

内装にもゴールド加飾をふんだんに使用

 トヨタは、同社の高級ミニバン「アルファード」の特別仕様車「アルファード S タイプゴールドIII」を設定。加えて「ヴェルファイア」の通常グレードとして「ヴェルファイア ゴールデンアイズIII」を設定し、2022年5月13日より発売します。

 数々の専用装備が設定されるといいますが、どのような仕様で登場するのでしょうか。

 特別仕様車「アルファード S タイプゴールドIII」および「ヴェルファイア ゴールデンアイズIII」は、内外装にゴールド加飾を施した高級感溢れるデザインが特徴。

「アルファード S タイプゴールドIII」では、ゴールドの専用フロントエンブレムやスモークメッキ+黒メタリック塗装のフロントグリルなどで、精悍なスタイルを表現。

「ヴェルファイア ゴールデンアイズIII」では、ゴールドエクステンション+スモークエクステンション入りのヘッドライトや漆黒メッキのフロントグリルなどが、存在感あるフロントフェイスを強調します。

 内装は、両車ともにサンバーストゴールドウッド+ゴールドスパッタリングのインストルメントパネル/コンソールボックス(ガソリン車)を採用したほか、シフトノブにもサンバーストゴールドウッド仕様とするなど、ラグジュアリーな空間を追求。

 オプティトロンメーターのメーターリングやスマートキーにもゴールド加飾が配されたほか、シート表皮にはブランノーブII(パーフォレーション)+合成皮革が使用されます。

 接近車両との衝突被害軽減をサポートするブラインドスポットモニターとパーキングサポートブレーキ(後方接近車両)を標準装備し、予防安全性能も強化されました。

「アルファード S タイプゴールドIII」「ヴェルファイア ゴールデンアイズIII」の価格(消費税込)は、430万6000円から515万4400円に設定されます。

※ ※ ※

 現行アルファード(3代目)/ヴェルファイア(2代目)は、2015年に登場。

 歴代で初めて、フルモデルチェンジ時点でハイブリッドモデルとガソリンモデルの両方が設定された点が特徴となります。

 2017年にマイナーチェンジし、両車ともに現在のフロントフェイスになっています。

 それではここでクイズです。

 2022年現在アルファード/ヴェルファイアに設定される「ハイブリッドモデル/ガソリンモデル」×「駆動方式」の組み合わせのなかで、存在しない組み合わせは次のうちどれでしょうか。

【1】ハイブリッドモデル×FF

【2】ハイブリッドモデル×4WD

【3】ガソリンモデル×FF

【4】ガソリンモデル×4WD

※ ※ ※

 正解は【1】の「ハイブリッドモデル×FF」です。

 3代目アルファード/ヴェルファイアのハイブリッドモデルは全車4WD(電気式4WDのE-Four)が組み合わされます。