2022年4月に9年ぶりとなるフルモデルチェンジですべてが新しくなったプジョー新型「308」。1.2リッターガソリンと1.5リッターディーゼル、そして1.6リッターPHEVと3つのパワートレインを用意します。今回は5ドアハッチバックの308、そのガソリンとディーゼルモデルに試乗しました。

秀逸なデザインで立派に、高級に見えるスタイリング

 9年ぶりにフルモデルチェンジを受けたプジョー新型「308」に試乗しました。

 プジョーの30X(一桁目の数字は世代によって異なる)といえば、Cセグメントのハッチバックを意味しています。

 日本でも1990年代に「306」がヒット作となったので、記憶している人も少なくないでしょう。かくいう私も「306スタイル」を個人的に購入し、長く愛用していました。

 もっとも、輸入車のCセグメントといえば定番中の定番であるフォルクスワーゲン「ゴルフ」が長くトップの座に君臨していて、プジョーの30Xやフォード「フォーカス」、オペル「アストラ」といったモデルはその対抗馬として捉えられてきたように思います(フォードとオペルはその後、相次いで日本市場から撤退。ただしオペルには復活の兆しが見られますが)。

 たしかに、ゴルフは落ち着いた操縦性、快適な乗り心地、優秀な燃費、広々としたスペース、優れた信頼性や質感といった要素がいずれも高い水準でバランスされていて、ライバルたちにつけいる隙を与えませんでした。

 そうしたなか、306はピニンファリーナの美しいスタイリングや広々とした室内、さらには圧倒的な快適性などでゴルフに肉薄しましたが、パワートレインの完成度ではゴルフに及ばず、室内のクォリティ感でもゴルフに大きな差をつけられていました。

 そんな時代から20年以上を経て誕生した新型308がどんな仕上がりだったかを、私の記憶のなかにある最新のゴルフと比較しながらリポートすることにしましょう。

 まず、エクステリアデザインはなかなか力強く、そして現代的ですが、それ以上に印象に残るのが質感の高さです。

 クルマのデザインは不思議なもので、たとえ同じ形をしていても、安っぽく見えることもあれば高く見えることもありえます。

 その秘密は、ボディパネルをプレスするときに使われる“型”にあるようです。この型が高精度に作られていると、できあがったパネルの面も美しく、キャラクターラインはシャープになります。その逆は……、いうまでもありませんよね。

 そして新型308を見てすぐ感じたのが、「きっと高い型を使ったんだろうなあ」ということでした。

 もちろん、キャビンをやや後ろ寄りにしたデザインはダイナミックな走りをイメージさせてくれるし、タイヤを覆うフェンダーの抑揚もなかなか見事です。けれども、新型308はこの型のできがいいおかげで、実際のボディサイズを超えて立派に、そして高級に見えます。これが、新型308の「第1の推しポイント」です。

 そのままドアを開けて室内に入ると、ちょっと未来的なデザインのインテリアが目に飛び込んできます。同じプジョーの「208」もこれと同じ路線ですが、当然のことながら308のほうがより広く、そして高級に見えます。

 それ以上に印象的なのが、ほかのブランドでは決して見ることのない独創的な色遣いや素材の使い方にあります。

 今回試乗した308アリュール(1.2リッター直列3気筒・ガソリン)と308GT BlueHDi(1.5リッター直列4気筒・ディーゼル)の内装は黒基調でしたが、ここに組み合わされるグレーの色調がなんともオシャレだったほか、要所要所にアルミパネルが組み合わされていたり、差し色のステッチが入っていて、どこか気分を明るくしてくれるようなデザインに仕上がっていました。また、パーツ類の精度感が高いことも印象的。

 さらにタッチディスプレイを用いたインターフェイスも現代的ですし、インフォテイメント系だけでなく運転支援装置(ADAS)もひととおり揃っていて、機能的にもまったく不満を抱きません。ひと昔前のフランス車ファンが見たら、きっと大いに驚くことでしょう。これが、新型308の「第2の推しポイント」です。

締まった中にも往年のフランス車を思い起こさせる乗り心地

 足まわりのチューニングが巧みなのはフランス車の伝統ですが、そうした美点もしっかりと引き継がれています。

 乗り心地の「硬い」「柔らかい」でいえば、かつてのフランス車に比べていちだんとソリッドに感じられますが、それでもうねった路面をなめるようにして捉え続けるロードホールディング性の高さは、いかにもフランス車らしいもの。

 308アリュールと308GT BlueHDiを比べると、よりファミリーカー的な位置づけの308アリュールのほうが硬めに感じられたのは意外でしたが、これは事前の走り込みが不十分だった可能性も考えられます。

 いずれにしても、硬いといってもドイツ車でいえば標準的な範囲で、決して不快なわけではありませんし、むしろ308アリュールを好むという人がいても不思議ではありません。

 一方の308GT BlueHDiは往年のフランス車を少しだけ思い起こさせる、ゆったりとしたサスペンションの動き方が印象的。それでいて、ワインディングロードでのコーナリングも難なくこなしてくれました。というわけで、個人的には308GT BlueHDiのほうが気に入りました。

 それにも増して特筆しておきたいのが、2台の308のボディがじつにしっかりと作り込まれていたことにあります。

 おかげで、足まわりに大きなショックが加わっても、ボディのどこかが細かく振動したりすることはなく、非常に頼もしい印象を抱きます。

 じつは、最新のゴルフは意外にもここが弱点で、タイヤのドシン! という衝撃が加わると、足まわり周辺のボディがかすかに振動しているように感じられます(一部例外あり)。というわけで、ボディのしっかり感でいえば、新型308がゴルフを上回っているように思いました。これが、新型308の「第3の推しポイント」です。

 308のガソリンエンジンとディーゼルエンジンは、どちらもスムーズで気持ちよく吹き上がってくれます。もともと振動やノイズの点で不利なディーゼルだけでなく、ガソリンとはいえ3気筒を用いるもう一方のエンジンでも非常に高い静粛性と滑らかさを実現していたので、ここは高く評価できるでしょう。

 ただし、今回、おもに試乗した箱根周辺のワインディングロードでは、2台ともややトルク不足に感じました。もっとも、実際に不足していたというよりも、「もう少しトルクが豊かだったらなあ」という印象を持った程度の話ですが……。

 この点、ゴルフは1リッターガソリンエンジンでもマイルドハイブリッドを備えているため、こういったトルク不足の印象はより薄かったと記憶しています。また、同じゴルフのディーゼルは排気量が2リッターなので、やはり308のディーゼルより力強く感じました。この点は、僅差でゴルフが勝っていると思います。

 ただし、今回は上り下りの厳しいワインディングロードで試乗したことは付け加えておくべきかもしれません。おそらく、平坦な市街地や高速道路でおとなしくドライブしていたら、そうしたトルク不足は感じなかったでしょう。したがって、このあたりは使い方によって印象が変わってくるともいえます。

 というわけで、デザイン性、足回りやボディの完成度では新型308が有利で、エンジンの力強さのみゴルフが有利、ただしその差はごく小さいというのが私の結論です。

 ちなみにガソリンエンジン搭載のベーシックグレードが300万円強、ディーゼルエンジン搭載の装備充実グレードが400万円弱という価格設定は、308とゴルフで見事に一致しています。また、308のワゴン(308SW)は2022年8月頃、プラグインハイブリッド版は同年9月以降に導入される見通しなので、こちらも楽しみです。

Peugeot 308 GT BlueHDi
プジョー308GT ブルーHDi

・車両価格(消費税込):396万9000円
・試乗車オプション込価格(消費税込):397万9670円
・全長:4420mm
・全幅:1850mm
・全高:1475mm
・ホイールベース:2680mm
・エンジン形式:直列4気筒ディーゼルターボ
・排気量:1498cc
・駆動方式:FF
・変速機:8速AT
・エンジン最高出力:130ps/3750rpm
・エンジン最大トルク:300Nm/1750rpm
・車両重量:1380kg
・WLTCモード燃費:21.6km/L