トヨタ「スープラ」にMT車が追加設定されたり日産新型「フェアレディZ」が登場するなど、スポーツカーが盛り上がっています。2台の高性能な国産スポーツカーの共通点や異なる点を詳しく見てみます。

熱烈ラブコールを受けてスープラにMT追加!

 トヨタのスポーツカー「スープラ」に待望の6速MTが追加設定され、2022年秋に発売されることが発表されました。

 2019年に復活したスープラですが、当初はATのみの設定でしたが、MT車への強い要望が多く、スープラのハイパワーエンジンに合わせたMTを新規に開発して最上級「RZグレード」に設定したといいます。

 高性能なスポーツカーとして、日産新型「フェアレディZ」も2022年夏に発売予定です。

 ライバル同士のスープラとフェアレディZを比較してみました。

 2シーターFRクーペという点が共通のスープラと新型フェアレディZですが、ボディサイズはどうでしょうか?

 スープラは全長4380mm×全幅1865mm×全高1290-1295mm、新型フェアレディZは全高4380mm×全幅1845mm×全高1315mmと全長は同一ですが、スープラのほうがよりワイドで低いプロポーションとなっています。

 エンジンやトランスミッションも似通ったところがあります。

 スープラのエンジンは387馬力/500Nmの3リッター直列6気筒ターボエンジンと、258馬力/400Nmまたは197馬力/320Nmの2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載します。

 そして、トランスミッションは全グレードに8速ATが設定されるほか、3リッターターボを搭載する最上級の「RZ」グレードに新たに6速MTが追加設定されることになりました。

 一方の新型フェアレディZは、「スカイライン」の最強モデル「400R」と同じ405馬力/475Nmの3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは新開発の9速ATと6速MTが用意されます。

 スープラは3種類のエンジンスペックから選択できますが、3リッターターボはATとMTが用意されるものの2リッターターボ車はATのみ。新型フェアレディZのエンジンは1種類だけですが、ATとMTが選択できる点が違いとなります。

※ ※ ※

 3リッターターボ同士の燃費(WLTCモード)を比べてみると、スープラは12.0km/L、新型フェアレディZはAT車が10.2m/L、MT車が9.5m/Lです。

 スポーツカーで燃費を気にする人は少数派かもしれませんが、スープラのほうが少し燃費が良いことがわかります。ちなみに、どちらもハイオク指定です。

スープラと新型フェアレディZ どっちが安い?

 スープラと新型フェアレディZはどちらも最新のFRスポーツカーらしいスタイルに、歴代モデルのモチーフを取り入れている点は同じだといえます。

 スープラはロングノーズショートデッキのシルエットを実現するとともに、ショートホイールベースと大径タイヤによってタイヤの存在を強調しています。

 運転席と助手席の頭上が少し盛り上がったルーフ形状や、ヘッドランプを内側に寄せてフェンダーのボリュームを豊かに見せる造形は、トヨタ「2000GT」や先代スープラなどから引き継ぎました。

 内装は、スポーツドライブに必要なメーターやスイッチ類などをタイトに包括。ドライバーを包み込むようなコクピットとしました。

 メーターパネルは8.8インチ高精細カラーモニターを採用。回転計やシフトインジケーターなどセンターに集約し、ステアリングの向こう側にピントが合うように設計されたメーターレイアウトを取り入れています。

 新型フェアレディZは初代「240ZG」のイメージを取り入れた「こ」の字のLEDヘッドランプや、歴代モデルから発想を得たテールランプ、四角いグリル開口部など、新しいモデルなのに懐かしさも感じさせるようなスタイルとなります。

 なお、フルモデルチェンジとはいえ型式は従来モデルを踏襲し、「RZ34」となるようです。

 インテリアは、12.3インチのフルデジタルメーターディスプレイが装備されます。回転計の針が真上を示すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅してドライバーにシフトアップを知らせてスポーツドライビングをアシストする機能は、プロのレーシングドライバーのアイデアが取り入れられました。

 インパネ上部には歴代モデルの多くに採用されてきた3連サブメーターを設置。最新のコクピットでありながら、Zの伝統も受け継いでいます。

 ボディカラーは、白・黒・シルバーといった定番カラーはもちろん、赤・黄色といった明るい色を両車とも用意しました。

 2020年の一部改良でスープラに明るいブルーのボディカラーが設定されましたが、現時点(2022年4月時点)ではすでに廃止された模様。対する新型フェアレディZには鮮やかなブルーも用意され、モノトーン、2トーンカラー計9色をラインナップします。

 スープラについては、2022年秋の一部改良で「ボルカニックアッシュグレーメタリック」と「ドーンブルーメタリック」が新規採用されます。また、RZグレード限定で「マットアバランチホワイトメタリック」も設定されることが明らかになっています。

 価格(消費税込)については、スープラが499万5000円から731万3000円、新型フェアレディZが524万1500円から646万2500円です。

 スープラは500万円をギリギリ切った価格設定としていますが、これは2リッターターボのエントリーグレードのプライス。3リッターターボ700万円を越えており、同じく3リッターターボでも524万1500円からの新型フェアレディZのほうが割安と見ることもできます。

 スープラのMT車の価格はまだ発表されていませんが、AT車とあまり変わらない価格で登場する可能性もあるでしょう。

※ ※ ※

 クルマの電動化が急速に進むなか、高性能スポーツカーが2022年夏から秋にかけて相次いで投入されます。

 さまざまな規制が厳しくなっており、純ガソリン車でMTを設定するスポーツカーは今後出てこないのではないかといわれています。

 スープラや新型フェアレディZといったピュアスポーツカーを購入できるのは、これが最後のチャンスかもしれません。