駅前や免許センターといった人が集まる場所で「献血バス」を見かけることがあります。車内の仕組みや稼働台数などについて、献血バスを管理・運営している日本赤十字社に聞いてみました。

50年以上の歴史を持つ「献血バス」現在は全国で280台が稼働中

 病気や怪我などで輸血を必要としている人のために、無償で血液を提供する「献血」をおこなう移動出張所とも呼べるのが「献血バス」です。

 献血バスは駅前や免許センターなど多くの人が行き交う場所で見かけることがありますが、献血の経験がない人にとっては車内の仕組みがどうなっているのか想像がつきません。

 いつから稼働しているのか、どんな場所に配車されるのか、献血バスは知らないことが多い「はたらくクルマ」だといえます。

 献血バスの正式名称は「移動採血車」といい、運用は1961年9月からとその歴史は古く、最初の配車先は厚生省(現在の厚生労働省)と東京都庁(当時)でした。

 また、東京都内の免許センターへは1968年に「府中運転免許試験場」と「鮫洲運転免許試験場」へ配車され、1984年からは「江東運転免許試験場」にも配車されているそうです。

 長い歴史を持つ献血バスですが、現在はどんな車種が運行しているのでしょうか。管理・運営している日本赤十字社に聞いてみました。

「現在(2022年2月末日時点)、全国で280台の献血バスが整備されております。

 種類は特大型車・大型車・中型車の3種類があり、バスの車内で採血をおこなうことから採血ベッドを搭載し、レイアウトによっては問診や受付などのスペースが確保できるような仕様で作製いただくようにしております」

 献血バスは、日本赤十字社から車種の指定はないようです。また献血バスは日本赤十字社で購入しているのですが、約半分の車両が「宝くじ協会」からの助成金で整備されているのだとか。年末ジャンボ宝くじを購入し続けている筆者(金田ケイスケ)も、微力ながら貢献しているようです。

 ベース車両はバスやトラックなどが採用されますが、東京都内に配置される献血バスは道路事情や敷地内での設置などを考慮し、中型がメインだといいます。では専任のドライバーなどはいるのでしょうか。

「基本的には、献血会場での受付や接遇などに従事する事務職員のうち、該当車両の運転免許(中型または大型自動車第1種免許)を持つ職員が運転しております」(日本赤十字社)

※ ※ ※

 意外だったのは、日本赤十字社の職員が運転しているということです。

 地域や配車先の状況次第ではありますが、1台の献血バスにつき医師が1名、採血職員が3名、運転手を含めた事務職員が3名の計7名で運用されているそうです。

はたらくクルマならでは! 献血バスの装備とは?

 献血バスは車種によって違いはあるものの、医療に従事する「はたらくクルマ」ならではの装備を搭載しています。

 ひとつは、車高調整機能付きのサスペンション&油圧ジャッキです。

 駐車時は、路面状況に影響されずに水平を保って献血者の乗降性を考慮。人が出入りする際にも車体の揺れを軽減させることができます。

 また、クルマのメイン動力源となるディーゼルエンジン以外に、車内を快適に保つための冷房用ディーゼルエンジンも別に搭載されているといいます。

 さらに採血施設として運用中は駐車していることから、車載の発電機(いわゆるオルタネータ)は稼働できません。

 そこで採血設備の電力を賄うため、ガソリンを使用するエンジン型発電機も搭載している車両も存在しています。

 ちなみに2016年以前は、駆動用・冷房用がディーゼル、発電用がガソリンだったため、1台の献血バスに2つの給油口が設けられていたのですが、2017年以降は発電用もディーゼルとなったので、給油口はひとつに変更されました。

 また献血をするための採血ベッドは通常4台設置。採血ベッドの両脇が海老反りのように持ち上がっていて、採血する腕によって枕の位置をどちらにも付け替えることができるようになっています。

 独自の装備が施された献血バスは、決まった場所に配車されるわけではないといいます。

 また国が定めた需給計画や医療機関からの需要に沿って献血をお願いするため、必ずしも全車両が毎日稼働しているわけではないそうです。

「献血バスを配車する場所やご協力いただく企業、団体の有無によっても違うため、スケジュールなどは各都道府県の血液センターのウェブサイトにてご案内しております」(日本赤十字社)

 献血者への対応として、献血による副作用防止のため、水分補給や血糖値を下げすぎないよう献血前にはスポーツドリンクやお菓子、軽食などが用意されているそうです。

 さらには献血した回数によっては今治タオルや若狭塗箸、有田焼の小皿などがもらえたり、献血バスのミニカーなど記念品が用意されていることもあります。

 この記念品に関しては全国統一、また地域限定のキャンペーンなどで変わるそうです。

 記念品狙いで献血をするわけではないでしょうが、社会貢献したうえにお土産をもらえるなんて、結構うれしいものです。

※ ※ ※

 献血バスの存在自体は知っていても、献血したことがないという人も多いかもしれません。

 献血は当然ながら無料なので、お金をかけずにできる社会貢献のひとつとして、機会があったら協力してみてはいかがでしょうか。