スズキが軽乗用車「ハスラー」の仕様を一部変更。あわせて特別仕様車「J STYLE II」を設定・発売します。どこが進化し、また特別仕様車は何が違うのでしょうか。

特別仕様車「J STYLE II」を設定

 スズキは2022年5月9日、軽乗用車「ハスラー」の仕様を一部変更するとともに、特別仕様車「J STYLE II」を設定し、5月23日に発売すると発表しました。

 今回の仕様変更は、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能をハスラー全車に標準装備。

 さらに、狭い道ですれ違う時の接触防止をサポートするすれ違い支援機能の設定や、「HYBRID Gターボ」にLEDヘッドランプを追加するなど、安全装備を充実させています。

 また、「HYBRID X」「HYBRID Xターボ」には、USB電源ソケットと時間調整付フロント間欠ワイパーを装備しています。

 車体色は、新たに採用したソフトベージュ2トーン仕様車に「コーラルオレンジメタリック」を設定して全13パターンとしたほか、2トーン仕様車のバンパーガーニッシュをボディー同色からルーフ同色に変更しています。

 J STYLE IIは、HYBRID X、HYBRID Xターボをベースにした特別仕様車です。専用メッキフロントグリルや「HUSTLER」のアルファベットエンブレム、チタニウムグレーのインパネカラーガーニッシュなどの専用装備を採用し、力強さと上質さを兼ね備えた外観・内装としています。

 車体色は、専用のウッディブラウン2トーンを採用したほか、ソフトベージュ2トーン仕様車に「アーバンブラウンパールメタリック」を設定するなど、全8パターンを用意。

 また、スズキとして初めて「ナノイー X」をフルオートエアコンに搭載するなど、装備を充実させています。

 ハスラーの価格(消費税込)は138万7100円から。特別仕様車J STYLE IIは162万1400円からです。