歴代のホンダ「ステップワゴン」の人気アンケートが実施されました。男女で異なる結果になったのですが、どの世代のステップワゴンが一番人気だったのでしょうか。

間もなくホンダ「ステップワゴン」の新型登場!

 日本トレンドリサーチとグーネット中古車が、好きなホンダ「歴代ステップワゴン」のアンケート結果を男女別ランキングで発表しました。クルマを運転する800人が選んだ、好きなステップワゴンはどの世代のモデルだったのでしょうか。

 男性ランキング第1位に選ばれたのは102票を獲得した「初代」でした。

 回答者からは「一番馴染みのあるスタイルだから」「これがステップワゴンというイメージ」「やはり元祖。シンプルでカッコいいと思う」といった声が寄せられています。

 続いて、6代目(93票)、5代目(83票)、3代目(58票)、4代目(43票)、2代目(21票)という結果になりました。

 一方、女性ランキング第1位は、85票をマークした「4代目」でした。

 その理由として「形がきれいだと思った。直線が多用されているところが良い」「外装の見た目が良いのと、床下収納ができること」「見た目が好み。3代目も好きだが、4代目のほうが落ち着いた感じがする。荷物の収納性が高そうなのも良い」といった回答が集まりました。

 なお、女性が選んだランキングの第2位以下は、6代目(81票)、5代目(76票)、3代目(66票)、初代(64票)、2代目(28票)でした。

 ※ ※ ※

 ステップワゴンは、1996年に初代モデルが登場。5ナンバー車に収まるボディサイズの上、高い全高と合わせて3列目シートまで余裕のスペースが得られた室内空間を実現。徹底してコストを抑えたリーズナブルなミニバンとして開発されました。

 当時のパワートレインは、最高出力125馬力の2リッター直列4気筒ガソリンエンジンで、トランスミッションはコラム式4速ATを設定。駆動方式は、FFのほかに全タイプデュアルポンプ式のスタンバイ型4WDも用意されました。

 グレード構成は、ステップワゴン(STEP WGN)の「WGN」から「W」「G」「N」を設定。シンプルななかにも遊び心があふれており、大ヒット作となりました。

 2022年5月26日に6代目となる新型ステップワゴンが発表される予定となっており、グレードは「AIR(エアー)」と「SPADA(スパーダ)」が設定されます。