オーストラリアで販売されているトヨタ「ランドクルーザー70」が改良され、安全性が向上します。どのような仕様にアップデートされるのでしょうか。

ちょい古ランクル70が最新機能を搭載

 トヨタのオーストラリア法人は、四駆の代表格である「ランドクルーザー 70シリーズ(ランクル70)」を改良し、2022年11月に発売する予定であることを明らかにしました。

 ランクル70は1984年に登場。2004年に生産終了となっていますが、オーストラリアなどでマイナーチェンジを受け、現在も新車として販売されています。

 オーストラリアで販売されるランクル70シリーズは、151kW/430Nmを発揮するパワフルな4.5リッターV型8気筒ターボディーゼルを搭載し、デュアルレンジトランスファーケースを介して4輪を駆動します。

 今回の改良では、ワゴンおよびピックアップに歩行者・サイクリスト検知機能付きの緊急ブレーキを組み込んだプリクラッシュセーフティシステムを追加。

 すでに搭載済みのアンチロックブレーキシステムやトラクションコントロール、ビークルスタビリティコントロール、ヒルスタートアシストに最新のプリクラッシュセーフティシステムを組み込むことで、さらに高い安全性を実現します。

 また、設計改良によって車両総重量が増したことで積載量も増加。軽貨物から中貨物のカテゴリーに対応できるようにしました。

 トヨタオーストラリアのセールス、マーケティング、フランチャイズオペレーション副社長のショーン・ハンレー氏は次のようにコメントしています。

「今回の変更は、2021年に1万3900台以上の販売を記録した伝説のランクル70が、オーストラリア市場において当分の間、継続して販売されることを確実にするためにおこなわれます。

 車両総重量のアップは、70シリーズを商売道具として使っているオーナーや、趣味で使われるヘビーデューティーオフローダーとしてのさらなる能力を求めているオーナーにアピールするものであることは間違いありません。

 これらの機能向上はヘビーデューティーサスペンションや3500kgの牽引力と相まって、ランクル70の多用途性と頑丈な評判を高めることになるでしょう」

※ ※ ※

 ランクル70は、日本では2014年に誕生30周年記念の期間限定車として復活。ワゴンのほかに国内初のピックアップが導入されました。

 そして、登場1か月で月間販売目標(200台)を大きく上回る約3600台の注文を受け付けるなど、多くのファンが殺到して当時話題となっています。