米国で販売される「レガシィ」がマイナーチェンジ。フロントグリルが大型化しましたが、どのような仕様で現地で販売されるのでしょうか。

迫力グリルもイイ! 北米でレガシィが顔つき刷新

 スバルの米国法人は、マイナーチェンジした新型「レガシィ」(2023年モデル)を2022年5月12日に発表。北米で2022年秋に発売される予定とアナウンスしています。

 フロントフェイスが刷新されましたが、どのようなセダンとして登場するのでしょうか。

 2022年現在、日本市場においてレガシィはSUVタイプの「レガシィ アウトバック」のみが導入されており、セダンタイプのレガシィは販売されていません。

 しかし、北米市場では現行モデルが2019年に導入されており、今回フェイスリフトが実施されることになりました。

 レガシィ 2023年モデルはフロントグリルが大型化し、迫力ある顔つきに進化。

 同社のスポーツセダン「WRX」のような雰囲気も持つアグレッシブなデザインになっています。またフロントバンパーカバーやLEDヘッドライト、フォグランプの意匠も変更されました。

 グレード展開は「ベース」「プレミアム」「スポーツ」「リミテッド」「ツーリングXT」が設定されますが、なかでも「スポーツ」はフロントグリルに赤の差し色を配したほか、内装もレッドステッチが施されたブラック/グレーの表皮が採用され、スポーティグレードらしさを強調。

 エンジンは、「スポーツ」「ツーリングXT」が2.4リッター水平対向ターボエンジンを、その他のグレードが2.5リッター水平対向自然吸気エンジンを搭載します。

 それではここでクイズです。

 北米市場で販売される現行レガシィは、通算何代目のモデルでしょうか。

【1】5代目

【2】6代目

【3】7代目

【4】8代目

※ ※ ※

 正解は、【3】の「7代目」です。

 国内では、初代から6代目までのレガシィ(セダン、またはB4)が販売されましたが、前述のとおり現在はラインナップされません。