2022年5月19日にホンダは同年内に日本で発売を予定している新型SUV「ZR-V」の特設サイトをオープンしました。  

日本市場にホンダ新型「ZR-V」導入へ! 発売は2022年内!

 ホンダは2022年5月19日に新型SUV「ZR-V」の特設サイトをオープンしました。
 
 11代目「シビック」をベースにするまったく新型ZR-Vとはどのようなモデルなのでしょうか。

 この新型ZR-Vは、すでに北米や欧州、中国でもお披露目されており、欧州や中国では「ZR-V」、北米では「HR-V」として投入されます。

 
 なお、HR-Vという車名は現在、「ヴェゼル」の海外名として欧州や中国、東南アジアで展開されており、グローバルで見ると少しややこしい状態です。

 そうしたなかで、日本市場への導入される新型ZR-Vは、前述のように11代目シビックをベースに開発されました。

 エクステリアは、迫力ある大型フロントグリルやシャープなヘッドライト形状、水平なベルトライン、流麗なプロポーションが特徴的です。

 ボディサイズやパッケージは、週末のレジャーなどさまざまなアクティビティを楽しむのに充分な室内空間の広さや実用性を備えながらも、街中でも軽快に運転できる扱いやすいサイズとホンダは説明しています。

 また、パワートレインに関してはガソリン車とハイブリッド車(e:HEV)がラインナップされる予定です。

 今回の特設サイトでは、開発のコンセプトが明かされており、開発チームへ新型ZR-Vの開発に込められた想いに迫るインタビューが掲載されています。

 インタビューに答えたのは、小野修一(開発責任者)、伊藤智広(パッケージ担当)、田村敬寿(エクステリア担当)、上野大輝(インテリア担当)、後藤千尋(CMF担当)の5名です。

 そのなかで、開発責任者の小野修一氏は次のように、新規ZR-Vの開発背景について語っています。

「ご存じのように、国内外を問わずSUV市場は群雄割拠の時代です。

 ほとんどの大手自動車メーカーがSUVを出しており、各社とも販売の主力モデルに位置付けています。欧州のスポーツカーメーカーでさえ、SUVを取りそろえているのが昨今の状況です。

 現在、ホンダにもCR-V、VEZELの2つのSUVがあり、どちらも世界的な人気を博しています。

 ただCR-Vが年々大型化していったことで、VEZELとのサイズ差がより広がりました。

 ホンダとしてはその間のSUVが無いことへの懸念もあり、また市場のニーズも強く感じていたので、機種開発担当としては『これは我々が応えないといけない』という思いを持って開発に向き合いました。

 今春、北米・中国で発表されたホンダの新型SUVは、CR-VとVEZELのちょうど中間サイズに位置しながら、従来のSUVとは一線を画する、新しい価値を持ったクルマとして誕生しました。

 その価値をお客様に実感していただくために、機能面やデザイン面に全力を注ぎ込み、細部にわたって手法を凝らしています」

※ ※ ※

 新型ZR-Vは、日本市場において2022年内に発売を予定しており、今後はヴェゼルと異なるスタイリッシュなSUVへの関心が高まりそうです。