三菱の新型軽自動車として新型「eKクロス EV」が発表されました。新型eKクロス EVはどのような特徴を持つ新型モデルなのでしょうか。

補助金アリで実質180万円台で購入可

 三菱自動車は、軽自動車タイプの新型電気自動車として「eKクロス EV」を発表、2022年夏に三菱販売店および楽天市場店で発売します。

 新型eKクロス EVは、SUVテイストの軽自動車「eK クロスシリーズ」に新たに設定するEVモデルで、日常使いに十分な航続距離を実現しながら、手が届きやすい価格設定としました。

 価格(消費税込)は239万8000円から293万2600円です。

 令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」および令和4年度「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」の対象となり、55万円の補助金を受けた場合の実質的な購入額は184万8000円からとなります。

 開発を担当した三菱自動車 商品戦略本部 チームプロダクトスペシャリスト 藤井康輔氏は次のようにいいます。

「新型eKクロスEVは、気軽に乗ってもらえる軽自動車であるという点に加え、EVならではの価値として、環境への配慮を重視する方や、軽自動車でありながら力強い走りや静粛性を求める方に最適です。

 三菱がEVに軽を選択した理由のひとつが価格です。Gグレードを200万円台前半の価格設定とすることで、令和3年度の補助金(55万円)受給後の価格は一般的な軽のガソリンモデルと変わらないレベルになります」

 新型eKクロス EVはEVシステムを新開発し、総電力量20kWhの駆動用バッテリーを薄型化して床下に配置。

 ガソリンエンジンモデルと同様の広々とした快適な室内空間を確保するとともに、低重心化と理想的な前後重量配分により優れた操縦安定性と良好な乗り心地を実現しています。

 また、最大トルクはガソリンターボモデルの約2倍となる195Nmを発揮し、モーターの制振性能も向上させ、EVの魅力である滑らかで力強い走りを実現。

 街中ではキビキビと走り、高速道路では余裕をもってスムーズに合流することが可能です。

 さらに、みっつのドライブモードを設定し、市街地走行に最適な「NORMAL(ノーマル)」、モーター出力を抑えて電費を向上させる「ECO(エコ)」、アクセルレスポンスがよくキビキビ走れる「SPORT(スポーツ)」と、運転状況に応じて任意で選択することができます。

 加えて、アクセルペダルの操作で加減速をコントロールできる「イノベーティブペダル オペレーションモード」を採用しました。

 また、どんな天候や路面でも安心してドライブを楽しめるよう、滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」を標準装備。

 雪道やぬかるんだ路面で片輪が空転した場合、スリップした車輪をブレーキ制御。グリップしている車輪に、より大きな駆動力を加えることで走破性を高めます。

 一充電あたりの走行距離は日常使いに十分な180km(WLTCモード)としていますが、軽自動車やコンパクトカーのユーザーの約8割は、1日当たりの走行距離が50km以下(三菱自調べ)であり、大半のユーザーは2日間以上充電せずに走行できる想定です。

 普通充電(AC200V/14.5A)と急速充電のふたつの充電ポートを装備しており、普通充電は約8時間で満充電、急速充電は約40分で80%の充電が完了します。

SUVデザインとEVならではのクリーンさを融合

 新型eKクロス EVのデザインは、人とクルマを守る安心感を表現したフロントデザイン「ダイナミックシールド」など、三菱のSUVテイストのデザインに、ダーククロムメッキのフロントグリルやLEDのフロントフォグランプを採用し、EVらしいクリーンで洗練された印象としました。

 ボディカラーはクリーンなイメージの「ミストブルーパール」に、電気銅線を想起させる「カッパーメタリック」のルーフを組み合わせた2トーンを新規採用。2トーン5色、モノトーン5色の全10色展開としました。

 インテリアは直感的で操作しやすい電子制御セレクターレバーや7インチカラー液晶メーターを採用し、EVらしい先進的なイメージとしたほか、USBポート(「P」に標準装備、「G」にメーカーオプション設定)や随所に設けた収納スペースなど、機能性にもこだわっています。

 メーカーオプションの「プレミアムインテリアパッケージ」はライトグレーを基調とし、合成皮革と立体感のあるダイヤ柄エンボス加工を施したファブリックのコンビネーションで上質感を演出。

 またインパネ周りにはソフトパッドを配し、各所にカッパー色のステッチをアクセントカラーとして入れることでワンランク上のプレミアムな空間としました(Pにメーカーオプション設定)。

 インパネ中央に設置された、9インチスマートフォン連携ナビゲーションは、充電スポットや目的地までの推定電池残量などを表示します。スマートフォンと連携することで、Android AutoやApple Car Playも活用できます(Apple Car PlayはiPhoneとワイヤレス接続可能)。

 駆動用バッテリーを薄型化して床下にレイアウトすることで、クラストップレベルの後席ニールームを実現。また前席ショルダールームもクラストップレベルの広さとし、快適な室内空間を実現しました。

 さらに、クラストップレベルの荷室容量を確保。荷室後方からのワンアクションでシートスライドやリヤシートバックを倒す操作を可能にするなど使い勝手も良く、アンダーボックスには普通充電ケーブルを収納することができ、荷室空間を有効に利用できます。

 安全機能として、高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」を搭載。

 レーダークルーズコントロールシステム[ACC]と車線維持支援機能[LKA]により、車間距離と車線中央付近をキープしながら走行することで、ドライバーの負担を軽減します。(P/Gにメーカーオプション設定)

 また、7インチカラー液晶メーターに自車のブレーキランプ点灯の有無や、「マイパイロット」の作動状況などを分かりやすく表示することで、安全性を向上させました。

 そして、三菱初となる、スムーズな車庫入れをサポートする「マイパイロット パーキング」も採用。駐車可能位置を自動で検知し、後退しての駐車、前進しての駐車、縦列駐車のいずれにも対応します。(Pにメーカーオプション設定)

 安全・安心で快適なカーライフをサポートする「MITSUBISHI CONNECT」も採用しています。

 万が一の際の「SOSコール」のほか、駆動用バッテリー残量やドアの開閉状況が確認できる「マイカーステータスチェック」、離れたところからもエアコンが開始できる「今すぐエアコン」、充電完了等を通知する充電管理、車両の駐車した位置を確認できるカーファインダー(駐車位置確認)などの便利な機能でカーライフをサポートします(Pに標準装備、Gにメーカーオプション設定)。

※ ※ ※

 三菱は、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載した世界初の量産型EV「i-MiEV(アイミーブ)」を2009年に発売した、EVの先駆者です。

 今回発表した新型eKクロス EVは、日産との共同開発で誕生。日産では新型「サクラ」として発売される予定です。