「VIPハイヤー配車」を運営する「ライトマークス」が、本田圭佑氏による個人ファンド「KSK Angel Fund LL」から1億円超の資金を調達したと発表しました。

「VIPハイヤー配車」運営会社が1億円超の資金調達を実施

 LINEで手軽にハイヤーを呼べるサービス「VIPハイヤー配車」を運営する「ライトマークス」は、サッカー選手の本田圭佑氏による個人ファンド「KSK Angel Fund LL」(以下、KSK)から1億円超の資金調達を実施したと、2022年5月19日に発表しました。

 VIPハイヤー配車では、アルファードなどのハイグレード車両とプロのハイヤードライバーによる送迎を、リーズナブルな価格で受けられます。

 専用アプリをインストールしなくても、LINEで友だち追加をすればすぐに利用可能。お得な空港定額プランに加え、ゴルフや日帰り旅行などの際に便利な時間借上プランなども展開しています。

 このサービスは2020年7月にスタートして以降、コロナ禍の中でも大きな成長を遂げているそうです。

 今回調達した資金は、VIPハイヤー配車のシステム・研究開発、それにオペレーション体制の構築などに投資する予定です。

 今回の調達について、ライトマークスの代表取締役社長である殿崎俊太郎氏は「本田さんにご一緒いただくことにより、より大きな夢の実現に向けて挑戦していけると確信しております」と述べています。

 また投資をしたKSKの本田氏も、殿崎氏率いるライトマークスのチームについて「未だ見ぬ次の時代のモビリティ・システムを世に送り出すポテンシャルがあると信じ、楽しみにしています」と語っています。