トヨタの人気ミニバン、新型「ノア/ヴォクシー」には7人乗りと8人乗りの2つの仕様があります。車中泊に向いているのはどちらでしょうか。実際にシートを倒して確認してみました。

人気の7人乗りキャプテンシートは車中泊には不向き!?

 車中泊は、本格的なキャンピングカーのような設備がなくても十分に楽しむことができます。
 
 なかでもシートアレンジがしやすく車内も広いミニバンなら、車中泊にも適しています。
 
 最新のミニバン、トヨタ 新型「ノア/ヴォクシー」で実際にシートを倒して検証してみました。

 2022年1月にフルモデルチェンジしたトヨタのミドルクラスミニバン、新型ノア/ヴォクシーの室内は、全車が3列シートレイアウトとなっています。

 前後のシートを組み合わせ、フルフラットに倒すことで一体化したベッド代わりとなり、車中泊可能となるのです。

 新型ノア/ヴォクシーの場合、前後シートの組み合わせは2通りあります。

 ひとつ目は、フロントシートとセカンドシートをフルフラットにする方法です。

 フロントシートのヘッドレストを外したうえでシートを倒し、セカンドシートとともにフラットにすることができます。

 ただしサードシートが起きた状態では、セカンドシートの背もたれを完全に倒すことができないので、あらかじめサードシートを左右に跳ね上げておく必要があります。

 もうひとつは、セカンドシートとサードシートの組み合わせです。

 セカンド・サードそれぞれのシートのヘッドレストを外したうえで、背もたれを倒します。

 いずれの場合でも、身長180cm程度までの大人2名が車中泊することも十分に可能です。

※ ※ ※

 新型ノア/ヴォクシーのシート配置は、1列目(フロントシート)が2人乗り、3列目(サードシート)が3人乗りというのは全車共通ですが、2列目(セカンドシート)の配置により、2種類のタイプが選択できます。

 左右独立の2人掛けキャプテンシート仕様(乗車定員7人乗り)と、3人掛けベンチシート仕様(8人乗り)です。

 もちろんどちらでも車中泊することは可能ですが、車中泊のしやすさに差が出てきます。

 新型ノア/ヴォクシーで人気が高いのは、7人乗り・キャプテンシート仕様ですが、シートを倒した際に、セカンドシート左右席の間にすき間が生じてしまうのが難点です。

 例えば高速道のサービスエリアで、ドライバーが1時間程度の仮眠をとる…といったケースなら大きな問題はありませんが、ひと晩しっかり寝るとなると「寝床(ベッド)」としては少し狭く不自由な印象です。

 その点で8人乗り・ベンチシート仕様は隙間がないため、寝床としての性能は上です。

 新型ノア/ヴォクシーで車中泊をしたいと考えるなら、8人乗り仕様を購入するのがよいでしょう。

※ ※ ※

 より快適な睡眠をするためには、さらに2つの工夫を加えるとよいでしょう。

 ひとつめは、キャンプなどに使うマットを敷く方法です。

 車のシートには、走行中に発生する前後左右の動きから乗員を支えるための凹凸が設けられています。

 シートを倒してフルフラットにしても、どうしても背中や腰に違和感を覚えることがあります。

 空気で膨らむインフレーターマットならシートの凹凸もある程度吸収し、よりフラットな寝床ができます。

 また窓の遮光も必須アイテムです。

 新型ノア/ヴォクシーの純正アクセサリーには、遮光機能付きの「室内カーテン」(消費税込み価格 5万8300円)が用意されています。

 セカンド・サードシートの左右・後ろの窓をそれぞれ覆うほか、フロントシートとセカンドシートの間もパーテーションのように区切ることができます。

 外からの視線を遮りプライバシーを守るほか、外灯などの明かりも入ってこないので、快眠をサポートしてくれそうです。