2020年の全体平均給与は433万円であるため、日本国内で年収700万円は高額所得者に分類される層であるといえるでしょう。では、年収700万円の人が買えるのはどんなクルマなのでしょうか。

年収700万円は勝ち組? どんな新車が買えるのか?

 2020年度、年間の給与所得者数およそ5245万人中、年収が700万円超800万円以下の人の割合は4.4%でした。
 
 全体の平均給与は433万円であるため、日本国内では高額所得者に分類される層であるといえるでしょう。

 そうなれば、クルマを購入する際の選択肢は非常に幅広くなります。年収700万円の人が買えるのはどんなクルマなのでしょうか。

 購入するクルマを探すとき、クルマの本体価格は「年収の半分程度」を目安にするのが一般的です。

 これは、本体価格の支払い以外にも、駐車場代・ガソリン代・保険代など、クルマを維持するためにかかる費用を考える必要があるためです。

 よって、年収700万円ある人が現金一括でクルマを購入しようとするとき、350万円以内に収まるクルマが、購入後無理なく維持していける範囲といえます。

 予算が350万円あれば、軽自動車やコンパクトカーはもちろん、人気SUVやミニバンのほか、一部の輸入車も狙うことができるでしょう。

 SUVでは、トヨタ「ハリアー」の「G」(341万円)、「RAV4」の「Adventure」(348万7000円)、スバル「フォレスター」の「SPORT」(330万円)など、ミニバンでは、日産「セレナ」の「e-POWER XV(防水仕様)」(325万9300円)を始め、トヨタ「ヴォクシー」の「HYBRID S-G」(344万円)なども購入できる範囲です。

 また輸入車であれば、アウディ「A3 スポーツバック」の「30 TFSI」(328万円)やジープ「レネゲード」の「ロンジチュード」(338万円)、フォルクスワーゲン「ゴルフ」の「TDI アクティブベーシック」(344万4000円)あたりも検討することができるでしょう。

 現金一括以外の方法でクルマを購入する手段として、ローンを組む方法もあります。

 年収700万円の会社員の場合、ボーナスを除いたひと月の給与はおよそ58万円となります。この額から控除が引かれて、およそ80%%が手取りとすると、手取りは46万4000円という計算です。

 そもそもローンとは、何かを購入するときに必要な資金を、銀行などの金融機関から借り入れる借金です。

 そのため、ローンを組んだときの月々の支払額は、手取りの20%程度が限度とされており、年収700万円の人であれば月額9万2800円が月々の支払いに充てられる額となります。

 このことから、3年ローン(36回)であれば支払い可能な金額はおよそ334万円、5年ローン(60回)なら556万8000円となり、国産車であれば多くのクルマが狙える範囲となるでしょう。

 しかし、クルマの価格は本体価格だけでなく、オプションや装備、さらにローンの金利なども含めて計算します。

 それらを踏まえると、3年ローンであればトヨタ「プリウス」の特別仕様車「 A ツーリングセレクション・ブラックエディション」(321万6000円)が月々およそ8万9000円の支払い、5年ローンであれば日産「フェアレディZ」の6MT車(524万1500円)が月々およそ8万7400円の支払いになるため、金利を考慮してもこれらが無理なく月々の支払いをすることができるラインだといえるでしょう。

 また、支払いの総額を全て分割で支払うフルローンではなく、残価設定ローンを利用する方法もあります。

 残価設定ローンとは、残価設定型クレジットとも呼ばれる支払い方法の1つです。クルマの将来的な価値を下取り価格としてあらかじめ決めておき、その価格を残価として差し引いた残りの金額に対してローンを組むことになります。

 つまり残価とはリセールバリューを指すものであり、残価率は車種や販売店によって設定が異なります。一般的に、人気のモデルで残価率は50%程度だとされています。

 年収700万円の人が月に支払える額が9万2800円と仮定して、残価率が50%とするなら、3年ローン(36回払い)で約668万2000円、5年ローン(60回払い)なら1113万6000円となり、いわゆる高級車にまで手が届きます。

 注意点として、残価設定ローンは通常のカーローンなどと比較して、金利が高くなる傾向があります。そのため、ローンの総額は支払い可能な予算の9割ほどをラインとし、、3年ローンでは601万4000円、5年ローンでは約1002万2000円以内にするのが良さそうです。

 このことから、残価率が50%だとして支払い期間を3年にすると、スバル 「ソルテラ」の「ET-SS」(594万円)では、月の支払額は8万2500円です。

 さらに、日産「アリア」の「B6」(539万円)は、なんと月の支払額およそ7万5000円で手に入れることができます。

 同じ条件の5年ローンであればレクサス「ES」の最上級グレードの「Version L」(715万円)が月々およそ6万円の支払いとなり、十分手が届くようになります。ただし、一般的には高級車は残価率が低めに設定されている点には注意が必要です。

 それでも、プレミアムブランドも検討できるようになるのが、年収700万円という収入といえます。

※ ※ ※

 このシミュレーションのように、残価設定ローンを使えば非常に高額なクルマを購入したとしても、月々の支払いを低減することが可能です。

一方で、残価を担保するために、月間走行距離などに制限があるといったデメリットもあります。月々の支払い額の低さだけに目を向けず、総合的な視点から自分に最適な支払いプランを探すようにしましょう。