日産の新型「Z」が「スーパーGTシリーズ」のセーフティカーに。2022年5月29日の決勝では、同車の贈呈式も開かれます。

今シーズン第3戦からセーフティカーで使用

 日産と日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)は2022年5月26日、GTアソシエイションが運営する「スーパーGTシリーズ」のセーフティカーとして、スポーツカーの新型「Nissan Z」(日本名「フェアレディZ」)を提供すると発表しました。

 セーフティカーは、レース前にコース上に障害物がないかを確認し、レース中にアクシデントが発生した際には競技車両を先導する役割を果たします。

 新型Zは、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催される2022年シーズンの第3戦から、セーフティカーとして使われます。また、決勝の5月29日には同サーキットで贈呈式が開かれます。

 日産とNMCは、今シーズンのスーパーGTに「Nissan Z GT500」で参戦。日産のモータースポーツビジネスユニットオフィスを担当し、NMCの社長を務める片桐隆夫氏は次のように述べています。

「今年度より『Nissan Z GT500』で参戦するスーパーGTにおいて、同じく『Nissan Z』がセーフティカーとしてレースの安全を支えます。日産DNAを象徴する新型『Z』のレースでの活躍ぶりをぜひともご覧ください」