1979年にデビューしたメルセデス・ベンツ「Gクラス」は、当時からほとんどデザインが変わらないのですが、実は2度ほどフルモデルチェンジ級の大改良を受けています。過去のモデルチェンジでは、一体どこがどのように変わったのでしょうか。

軍用がルーツの本格オフローダー「Gクラス」

 SUV全盛ともいえる昨今、各メーカーからたくさんのモデルが販売されていますが、なかでも別格の存在感を放っているのがメルセデス・ベンツ「Gクラス」です。

「ゲレンデ」の愛称で知られる同車は、乗用車ベースのクロスオーバーとは一線を画す本格派のオフローダー。

 その一方で多くの芸能人や有名実業家などが愛車にするケースも多く、ステータスシンボルというイメージも強いのではないでしょうか。

 Gクラス人気の理由のひとつとされているのが、1979年の登場時からほとんど変わらぬ無骨なスタイリングです。

 しかし、あまりにも変わらなさすぎて、マイナーチェンジを受けただけで40年以上も同じクルマが販売されていると思われがちですが、実際には2度のモデルチェンジを受け、現行は3代目にあたるモデルなのです。

 そんなGクラスはどのような歴史をたどってきたのでしょうか。

 初代モデルの登場は1979年。当時はGクラスではなく、ドイツ語で「オフロードビークル」を意味する「ゲレンデヴァーゲン」の名称で1990年まで生産されました。

 軍用車として開発されたモデルを市販車用(民生車)に仕立て直したクルマといわれていますが、もともと市販車を作る計画があり、それに関心を示し発注したのが各国の軍だったというのが真相。

 そのタイミングが近かったことや、ドイツ連邦軍のみならずNATO軍や国連軍で導入された実績もあり、軍用車のイメージが先行したのでしょう。

 また、1907年に四輪駆動乗用車を世界で初めて実用化したメルセデス・ベンツ(当時はダイムラー社)でしたが、しばらく四輪駆動車を生産していなかったこともあり、オーストリアのシュタイア・ダイムラー・プフ社と共同で開発をおこない、同社が軍需産業に端を発することもゲレンデヴァーゲンに軍用車の印象を与えた一因ではないでしょうか。

 そんなヘビーデューティーなイメージのゲレンデヴァーゲンは、1972年に開発が始まったときのコンセプトは「オフロード性能と安全性、そして快適性を兼ね備えたモデル」で、現代のSUVとほとんど変わりません。

 これは先に発売されたランドローバー「レンジローバー」を意識してのことで、最新のGクラスまで脈々と受け継がれています。

 1979年に発表されたゲレンデヴァーゲンは、ラダーフレームにスクエアなボディを組み合わせ、リジッドアクスルにトランスファーを備えたパートタイム4WDというメカニズムを採用する、本格派オフローダーでした。

 日本へは一部の愛好家の求めに応じる形で1982年より輸入されるようになりましたが、以降の5年間で輸入されたのはわずか45台だけ。

 少数輸入制度を利用しての販売だったため、排出ガスの問題からグレードは直列5気筒SOHCの3リッターディーゼルを搭載する「300GD」のみ、ボディは3ドアのショートホイールベース仕様(キャンバストップも設定)と5ドアのロングホイールベース仕様が用意されていました。

 トランスミッションは4速MTが基本で、4速ATは40万円のオプション。前後のデフロックは当初はオプションでしたが、1985年以降は全車標準装備となりました。

 本格的に販売に力を入れるようになったのは「メルセデス・ベンツ日本」が設立された1987年になってからのこと。待望のガソリンエンジン搭載モデル「230GE」も導入され、まずは年間100台の販売を目指しました。

 230GEに搭載されたエンジンは2.3リッターの直列4気筒SOHCで最高出力120psと現代のGクラスとは比べるべくもありませんが、「300GD」のディーゼルエンジンが88psだったことを考えれば、十分に強力かつ静かでした。

 本国では2.4リッター直列4気筒ディーゼルや2.8リッター直列6気筒ガソリンユニットも存在しましたが、日本へは販売終了となる1990年まで終始導入されませんでした。

 ラインナップはシンプルで「230GE」と「300GD」の2モデル、ショートとロングの2ボディを基本に、「230GE」に年式により装備の異なる「アンファング」や「プレディカート」といったグレードが用意された程度です。

※ ※ ※

 1979年に登場した初代Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)の型式は「W460」で2代目は「W463」になります。

 その間の「W461」と「W462」も実は存在し、前者は1981年に生産が開始された軍用モデルで、後者はギリシャでのノックダウン生産車です。

型式は変わってない!? マイチェンといい張るけれど…

 1989年9月、フランクフルトモーターショーで新しいゲレンデヴァーゲン(2代目)が発表されました。

 わずかに丸みを帯び、オーバーフェンダーとサイドステップが装着された程度しか見た目の違いがなかったためマイナーチェンジという扱いでしたが、それまでパートタイム式だった4WDシステムがフルタイムに進化するなど中身はまったくの別物。フルモデルチェンジと呼んでもおかしくない内容で、型式も「W463」へと改められています。

 インテリアも大きく変更され、当時のセダンモデルと共通のテイストとし、フロントシートにアームレストが備わったり、ゼブラウッドが大量に使用されるなど、高級感が大幅に向上しているのが特徴です。

 本国での発売は1990年ですが日本では1991年から導入され、3リッター直列6気筒SOHCガソリンエンジンを積む「300GE」と同ロングのみのラインナップでスタートし、1993年に5リッターV型8気筒を搭載する「500GE」を世界限定500台で販売。このモデルが現在のハイパワーなGクラスの礎といえるでしょう。

 以降は矢継ぎ早に変更が加えられ、エンジンも3.2リッター直列6気筒DOHCになったかと思えば同排気量のままV型6気筒に刷新されたり、V型12気筒エンジンやスーパーチャージャーやターボを備えるAMGモデルが追加されたりと、15種以上のパワーユニットが組み合わされました。

 なお、車名がゲレンデヴァーゲンからGクラスへと変更されたのは、この2代目モデルの途中から。メルセデス・ベンツ車は1994年モデルから「〇クラス」という名称に統一し、「500GE」から「G500」のようにグレード名のアルファベットと数字の順番を入れ替えました。

 現行型は2018年に登場。メルセデス・ベンツ自身はこれを「改良型」といい、あくまでもマイナーチェンジとアピールしていました。

 型式も「W463」を踏襲しますが、それまでのGクラスと共通するのはドアのアウターハンドルとウオッシャーノズル、そしてタイヤカバーだけというのですから、これはもう完全にフルモデルチェンジで現行型は3代目モデルだと受け取るべきでしょう。

 ヘッドライトやリアコンビネーションランプがLED化されるなど細かいブラッシュアップはされていますが、ひと目でGクラスと分かるスタイリングは健在。

 しかし、変わらぬように見えてホイールベースは40mm延長され、ボディはひと回り以上大きくなっています。

 足回りはフロントがリジッドアクスルからダブルウイッシュボーンとなり、ステアリング形式も往年のメルセデスの伝統だったボール&ナット式からラック&ピニオン式に変更。

 ボディの拡大で居住性を向上したことやATの9段化とあわせ、全体的に快適性を改善していることがわかります。

 安全運転支援システムの採用や、12.3インチサイズのワイド液晶をふたつ並べたインパネ、表示を任意に切り替えられるメーターナセルなど現代のクルマらしい装備も抜かりなし。ボディパネルの素材を厳選しての軽量化など時代に合わせたクルマづくりはメルセデス・ベンツらしいところです。

 搭載されるエンジンは、ディーゼルは3リッター直列6気筒DOHCターボ。セッティングの違いで出力の異なる「G350d」(286ps)と「G400d」(330ps)の2グレードがラインナップされています。ガソリンは同じ4リッターV型8気筒DOHCツインターボながらふたつの型式が用意され、421psの176型ユニットは「G550」に、585psの177型ユニットは「AMG G63」に搭載されます。

※ ※ ※

 登場から40年以上経った現在でも、見た目はほとんど同じ印象のGクラス。それだけ優れたスタイリングということなのでしょう。

 その一方で、中身はまったくの別物に進化し、機能性を磨きながらも快適性が大きく向上しています。

 メルセデス・ベンツは2021年のイベントでGクラスのEV版「EQG」を公開しました。その姿は誰が見てもGクラスとわかるもので、公開されたものはあくまでもコンセプトカーとの説明でしたが、ほぼこのままの姿で遠くない将来に登場する予定のようです。

 EVになってもそのアイデンティティを失っておらず、Gクラスは偉大なクルマだといえそうです。