ダイハツの新型「アトレー」は車中泊需要が高いといいます。実際に車中泊をしてみた女子に聞いてみました。

おしゃれすぎる!?「アトレー」の広々空間で楽しむ車中泊とは

 最近では、アウトドアの需要が高まり、テントを用いない車中泊スタイルも大きな人気を集めています。
 
 そんななか、ダイハツ新型「アトレー」は車中泊にベストなモデルのひとつとして注目を浴びています。今回は実際に、アトレーで車中泊をした人に話を伺いました。

 テントを張るのはキャンプの醍醐味といえますが、突然思い立って外泊したり、ひとりで気軽に外泊したりしたい人にとっては、準備物の比較的少ない車中泊がかなり有効といえそうです。

 そうしたなかで、2021年12月に発売された新型アトレーは、メーカー直々に車中泊をアピールしている1台です。

 ダイハツでは、「第三の居場所。」というコンセプトのもと、広々とした荷室を、荷物を積み込むことはもちろん、カフェスペースやワーキングスペース、そして車中泊などに活用するよう後押ししています。

 アトレーの荷室(2名乗車時)は、荷室長1820mm×荷室幅1265mm×荷室高1215mmとなっており、大人ひとりが横になってもじゅうぶんに寝られるスペースであることがうかがえます。

 また、後席を畳むと床面がフルフラットになるのもアトレーの魅力のひとつで、荷物の積み込みやすさはもちろん、寝る際の寝心地も期待できます。

 さらに、アトレーには、車中泊が手軽に楽しめるよう、荷室に設置する「収納式デッキボードセット」が純正オプションとされています。

 収納式デッキボードセットは、長さ1750mm×幅1110mmの大きさで、最大積載荷重は200kg。

 後席を畳んだ状態の荷室に展開することができますが、高さが440mmあるため、ボードの上で就寝し、下部には荷物を置いておくことも可能です。

 そんな車中泊にもってこいのアトレーですが、実際に車中泊した際の過ごし方はどのようになっているのでしょうか。

 実際に、アトレーで車中泊を楽しんだ女性「ゆ〜たん(@macaronron0711)」さんは、車中泊での過ごし方について以下のように振り返ります。

「今回は2泊3日、ひとりでアトレーの車中泊を楽しみました。

 実は、以前はトヨタ『ピクシスメガ』で車中泊をしていましたが、フルフラットになる軽バンが欲しいなあと思い、新型アトレーのことを知って購入しました。

 納車したその日に床面にフローリングを敷き、床面で車中泊できるように整えました」

 ゆ〜たんさんは、オプションの収納式デッキボードセットなどは活用せず、オリジナルの車中泊空間を作り上げているようです。

 ゆ〜たんさんのアトレーは、女性らしくオシャレな空間でありながら、機能的で使い勝手が良さそうな印象も感じ取れます。

 このように、自分好みの空間を作り上げられるのも、車中泊の楽しさのひとつといえるのかもしれません。

 また、ゆ〜んさんは、アトレーでの車中泊の感想を以下のように話します。

「今回、新型アトレーで初めての車中泊でしたが、本当に快適に過ごせました。

 荷室の広さが約1.5畳あるので、狭さを感じず、足を伸ばして眠ることができました。天井も高いので圧迫感もなく、車内での着替えも楽々でした!

 やはり、床がフルフラットになってるのでお部屋で過ごしてる感覚でした」

※ ※ ※

 車中泊と聞くと就寝のイメージが強いものですが、着替えや食事など、日常をストレスなく過ごせることがポイントとなりそうです。

 車中泊をする場合には、窓にカーテンを設置したり、防犯面に備えることも重要となりそうです。

 鍵の施錠はもちろん、クルマから出入りする際には、周囲の安全確認をしっかりとおこなうように心がけましょう。