トヨタは2022年6月1日に、新型「GRカローラ」の日本仕様と2シーターモデルの「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開しました。カローラの高性能バージョンといえば、かつては「カローラレビン」でしたが、記念すべき初代の「TE27」とは、どんなクルマだったのでしょうか。

高性能カローラの元祖! 初代「カローラレビン」を振り返る

 トヨタは2022年6月1日に、高性能4WDスポーツカー、新型「GRカローラ」の日本仕様を世界初公開。また、同時にGRカローラを2シーター化してさらなるトルクアップを図った「GRカローラ モリゾウエディション」も発表されました。

 カローラの高性能モデルといえば、1972年から2000年まで販売されていた「カローラレビン」が代表的な存在でした。

 もちろん、最高出力304馬力を発揮する4WDマシンであるGRカローラと、かつてのカローラレビンは比較対象にはなりえませんが、スポーツマインドあふれるカローラという点では共通項があるのではないでしょうか。

 そこで、ハイスペックカローラの原点である初代カローラレビンについて振り返ります。

※ ※ ※

 トヨタは1966年に、マイカー時代到来に向けて開発された初代「カローラ」を発売。わずかに早くデビューしていた日産(ダットサン)初代「サニー」とともに、大衆車市場をけん引する存在となりました。

 初代カローラは当初、2ドアセダンのみのボディでしたが、後に4ドアセダンとバンが加わり、1968年にはスポーティな2ドアクーペの「カローラスプリンター」が登場するなど、ラインナップの拡大が図られました。

 そして、1970年に2代目へとフルモデルチェンジ。よりモダンなデザインとなりエンジン性能の向上が図られました。

 さらに1973年には、2代目カローラの2ドアクーペをベースに、大衆車としては異例ともいえる高性能なDOHCエンジンを搭載した初代「カローラレビン」と姉妹車の「スプリンタートレノ」が誕生。

 外観はスタンダードなカローラクーペと同一のシルエットとしながらも、レーシングカーやラリーカーをイメージさせるリベット留めのオーバーフェンダーを4輪に装着。

 内装では3本スポークのスポーツステアリング、インパネセンターに3連のサブメーターを追加、スポーツドライビングに欠かせないフットレストとバケットシートが奢られました。

 トップグレードのエンジンは初代「セリカ 1600GT」用に開発された1.6リッター直列4気筒DOHCソレックスツインキャブの「2T-G型」を搭載。有鉛ハイオク仕様で最高出力115馬力を誇り、無鉛レギュラー仕様の「2T-GR型」でも110馬力を発揮しました。

 また、廉価グレードの「カローラレビンJ」は、ボディはそのままにエンジンは最高出力105馬力(有鉛ハイオク仕様)の1.6リッター直列4気筒OHV「2T-B型」が搭載されました。

 足まわりはフロントがマクファーソンストラット、リアはリーフスプリングのリジッドアクスルと、当時のFR車では定番の形式で、後にリアがコイルスプリングに変わりつつ、この形式は「AE86型」まで続いて採用されました。

 初代レビンはラリーをはじめとするモータースポーツでも活躍したことで、走り好きな若者たちから絶大な人気を博しました。

 その後も同様のコンセプトで代を重ね、2000年に7代目をもって生産終了となるまで一貫して高性能な1.6リッター直列4気筒DOHCエンジン搭載車をラインナップし、常に走り好きの若者から愛されるクルマでした。

※ ※ ※

 GRカローラは、もはやスーパースポーツといっていいスペックのモデルですが、現状では未発表ながら、かなり高額なモデルであることは間違いありません。

 一方、カローラレビン・シリーズは比較的安価だったことから、若者でも入手可能な高性能車として人気を獲得しました。

 高性能車の敷居が高くなってしまったのは、時代の流れから仕方のないことなのでしょうか。