広汽ホンダが2022年5月29日に、新型「ZR-V」の内装を世界で初めて公開したとアナウンスしました。実車が、同社施設で公開されているといいますが、どのようなSUVなのでしょうか。

日本でも発売する新型SUV「ZR-V」の内装を披露!

 中国でホンダ車を販売する広汽ホンダは2022年5月29日、新型SUV「ZR-V」の実車を同社施設で初公開したと発表しました。広汽ホンダによると、新型ZR-Vの内装の全貌が公開されたのはこれが世界初といいます。

 新型ZR-Vは、北米仕様(北米名:新型「HR-V」)のデザインが2022年4月4日に初公開されたSUVで、その後中国や日本などでも投入されることがアナウンスされました。

 ちなみに日本では中国と同じ「ZR-V」の車種名で、2022年内に発売予定です。

 新型ZR-Vの内装は、同社の「シビック」などでもみられる水平基調のデザインを採用。大型ディスプレイも確認でき、先進性と上質さを兼ね備えた内装にまとめられています。

 今回、内装が初めて公開された新型ZR-Vについて、広汽ホンダは「より繊細で上質なキャビンは、驚くような細部の装備に加えてオリジナルの工夫を盛り込んでいます」とコメント。

 また「新型ZR-Vは、(広汽ホンダがラインナップするSUV群である)アヴァンシア、ブリーズ、ヴェゼルとともに、より多くのユーザーニーズに対して的確に応えていきます」と説明します。