2020年に導入したアウディ「TTクーペ」の限定車「TTクーペSライン コンペティション」をさらに進化したモデルが200台限定で登場しました。

TTクーペ45TFSIクワトロベースの限定車

 アウディジャパンは2022年5月30日、「TTクーペ」をベースに内外装の装備面を充実させた限定モデル「TT Coupe S line competition plus(TTクーペ Sライン コンペティションプラス)」を発売しました。

 アウディTTは、1998年に初代が登場して以来、3世代続くプレミアムコンパクトスポーツモデルです。TTシリーズの国内導入が開始されてからおよそ四半世紀が過ぎたいまも、アウディのアイコン的存在として個性を放っています。

 今回登場したTTクーペ Sライン コンペティションプラスは、2020年に導入した限定モデル「TTクーペSライン コンペティション」をさらに進化したモデルです。

 ベースとなるのはTTクーペ 45TFSIクワトロで、最高出力245馬力・最大トルク370Nmを発揮する2リッターガソリンターボエンジンを搭載、7速Sトロニック(7速DCT)を組み合わせ、駆動方式はクワトロ(4WD)です。

 エクステリアは、Sラインパッケージ、ブラックアウディリングス&ブラックハイグロススタイリングパッケージをベースに、TTRSデザインのリアスポイラーやアウディスポーツ製のRSデザイン19インチアルミホイール、レッドブレーキキャリパーやブラックテールパイプ、フォーリングスサイドデカールを装備して、スポーティな印象を高めています。

 さらに走行状況に合わせてダンパーの減衰力を制御し、快適な乗り心地と優れたドライビングダイナミクスを両立する、アウディマグネティックライドの採用により、走りの質感を高めています。

 インテリアではレザー仕様のドアアームレストとセンターコンソール、アルカンターラ素材のシフトノブを採用。またRSデザインパッケージのダイヤモンドパターン・アルカンターラとレザーを組み合わせたSスポーツシートのステッチやエアコンのリングなどは、ボディカラーによりレッドまたはブルーを貴重とします。

 さらにスポーツモードを有するバーチャルコックピットプラスを採用するなど、特別装備を数多く搭載します。

 加えてコンフォートパッケージやマトリクスLEDヘッドライト、クルーズコントロール、プライバシーガラスなど人気アイテムを標準装備。

 ボディーカラーはグレイシアホワイトメタリック、クロノスグレーメタリック、タンゴレッドメタリック、ターボブルーの4色を設定。計200台の限定モデルとなります。

 消費税込みの車両価格は771万円です。