TOYOTA GAZOO Racingが「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開。同時発表の「GRカローラ RZ」から乗車定員を減らして軽量化を図り、最大トルクも強化したモデルですが、ほかにどのような特徴があるのでしょうか。

「野性味」を追求したモリゾウエディション

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2022年6月1日、「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開しました。

 GRカローラ モリゾウエディションは、マスタードライバーのモリゾウ(トヨタの豊田章男社長)が自ら試作車のハンドルを握り、こだわりを持って作り込んだ「お客さまを魅了する野性味」を追求したグレードといいます。

 今回、新型「GRカローラ」の日本仕様グレードである「GRカローラ RZ」とともに、米国でも同時に発表されました。

 徹底した軽量化、エンジンのトルクアップ・トランスミッションのギア比最適化による動力性能向上、モノチューブアブソーバー・ハイパフォーマンスタイヤの採用によるコーナリング性能の向上により「気持ちが昂(たかぶ)り、ずっと走らせていたくなる走りの味」を実現したということです。

 ボディサイズは全長4410mm×全幅1850mm×全高1475mm、ホールベースは2640mm。

 最高出力304馬力を発揮する1.6リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載し、トランスミッションはiMT(6速MT)、駆動方式はスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」が組み合わされます。

 GRカローラ RZとの違いとしては、リアシートを撤去し乗車定員を2人としたことで、約30kg軽量化。最大トルクは30Nm増の400Nmとしたほか、中回転域のトルクを高めることで加速性能を向上させています。

 ディファレンシャルギアのローギアード化と、1速から3速のクロスギアレシオ化により、動力性能の向上と、気持ちの良いギアのつながりを実現。

 構造用接着剤を3.3m追加で塗布し、ボディ補強ブレースを追加することで、ボディ剛性をさらに強化させています。

 内装はしっかりと体をホールドする専用セミバケットシートを採用。内装パーツへの鋳物ブラック塗装やウルトラスエード表皮のステアリング・コンソールを採用し、スポーティかつ上質な雰囲気としています。

 外観は専用ボディカラーの「マットスティール」を設定し、フロントウインドウにはモリゾウサインが。さらに足元は、10mm拡幅したハイグリップタイヤを装備しています。

 GRカローラ モリゾウエディションは、2022年秋頃から予約抽選の受付を開始し、冬頃から台数限定で発売される予定です。