交通信号機の灯火は「赤・黄・青」の3色ですが、青は実際に見ると緑に見えます。なぜ、見た目と呼び方が違うのでしょうか。

日本の信号機や色の歴史を解説

 道路の信号機(交通信号機)の色灯は、一般的に「赤・黄・青」と表現しますが、実際に信号機を見ると「青」は緑色に見えます。それにも関わらず、なぜ「青」信号と呼ぶのでしょうか。

 信号機に使われる色は、CIE(国際照明委員会)により「赤・緑・黄・白・青」の5色と決まっており、そのうち交通信号機には「赤・緑・黄」の3色が割り当てられています。

 この「赤・緑・黄」の3色は、世界の多くの国で使われており、もちろん日本も例外ではありません。つまり「青信号」といいつつも、実際は緑色ということです。

 英語でも「グリーンライト」や「グリーンシグナル」というように「緑」信号として認識されていますが、ではなぜ日本では緑信号が「青信号」と呼ばれるようになったのでしょうか。

 主な理由は「新聞報道」「青色の範囲の広さ」が挙げられます。それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

●新聞での報道

 日本に信号機が導入された当初、法令では緑色と表記されていました。しかし、信号機の導入を報じする新聞記事では、信号機の色が「青・黄・赤」と表現されていたのです。

 新聞の写真は白黒であり、信号機の数も少なかったことから、多くの人は実物の信号機を見る前に「青」だと認識して、青信号という言葉が広まったといわれています。

 1947年には法律でも「青色」に表記が変わり、現在の道路交通法にも引き継がれています。

●青色の範囲の広さ

 日本の文化では、昔から緑色を「あお(あを)」と表現することが多くありました。

 色の概念としては、「あお・あか・しろ・くろ」の4色が古くからあり、赤みのない寒色を「あお」と呼んでいました。一方で平安時代初期の『古今和歌集』になると、青色と緑色が区別されていることが分かります。

 しかし現代でも、青菜や青果、青りんご、青汁、青虫のように、実際は緑色でも青色で表現することは多々あります。

 このため、新聞の「青色」報道も後押しとなって、緑信号を青色と表現していったと考えられます。

※ ※ ※

 日本で初めて信号機が設置されたのは、東京・上野広小路です。1919年に設置されたこの信号機は自動ではなく、「トマレ」「ススメ」と書かれた看板を人が操作していました。

 アメリカ式の自動信号機が輸入されて初めて設置されたのは、1930年の東京・日比谷交差点です。このときに、新聞で「青」信号と書かれました。

 翌1931年の8月20日には、東京・銀座の尾張町交差点(現在の銀座四丁目交差点)や京橋交差点など34か所に、日本初の3色灯の自動信号機が設置されました。これに由来して、8月20日は「交通信号設置記念日」となっています。

 信号機の灯火色の並びは道路交通法施行令で定められており、横型は左から「青・黄・赤」、縦型は上から「赤・黄・青」と決まっています。これは横型・縦型とも、もっとも重要な赤色を、他の標識や街路樹、積雪などで隠れにくい位置に配置しているためといわれています。