米国スバルが新型「クロストレック」「クロストレック ハイブリッド」の価格を発表。新たに「スペシャルエディション」も加わります。

スペシャルエディションやPHEVモデルも設定

 スバルの米国法人は2022年6月9日、コンパクトSUV「クロストレック」(日本名:XV)と「クロストレック ハイブリッド」の新型(2023年モデル)の価格を発表しました。

 クロストレックの米国での価格は2万3645ドル(約310万円)から、クロストレックハイブリッドは3万6845ドル(約480万円)からです。

 クロストレックの2023年モデルは、「ベース」「プレミアム」「スペシャルエディション」「スポーツ」「リミテッド」のグレードが設定されます。

 ベースとプレミアムは、152hpの2リッター4気筒エンジンを搭載。両グレードとも、6速MTとCVT(オプション)が選択可能です。1リットル当たりの燃費は、CVT車が市街地12km、高速道路12km、複合13km、6速MT車が市街地9km、高速道路12km、複合11kmをそれぞれ達成しています。

 2023年モデルから新たに設定されるスペシャルエディション(SE)は、2リッターエンジンとCVTの組み合わせを標準で設定。

 外観は、SE専用色のデザートカーキを用意したほか、ダークグレー仕上げの17インチアルミホイールや、クリスタルブラックシリカのサイドミラー、フロントグリルバー、アンテナ、ドアハンドルがアクセントとなっています。

 内装は、ブラック&レッドのシート表皮を採用したほか、キャビン全体にレッドのコントラストステッチが施されています。

 スポーツとリミテッドは、182hpの2.5リッターエンジンとCVTの組み合わせを標準で設定。両モデルとも燃費は、市街地11km、高速道路14km、複合12kmです。

 ベースを除くCVT車には、ステアリングホイールパドルシフト付きの8速マニュアルモードが標準装備されます。

 プラグインハイブリッドを搭載するクロストレック ハイブリッドはワングレード展開。2つの電気モーター、2リッター直噴エンジン、CVTを統合した「スタードライブ・テクノロジー」を搭載。最大27kmの純粋な電気走行が可能で、総走行距離は773kmを実現します。

 クロストレックのCVT搭載モデルは、自動追突防止ブレーキ、プリクラッシュスロットルマネジメント、車線維持支援、車線逸脱警告、先行車発進通知を備えた運転支援機能「アイサイト」が標準装備されます。

 また、アイサイトには、アドバンスト・アダプティブ・クルーズ・コントロール(車線センタリング機能付)が含まれ、利便性を高めています。

 クロストレック、クロストレック ハイブリッドの両モデルとも、2022年夏から現地米国のスバル販売店への導入が開始される予定です。