トヨタのタイ法人は、現地進出60周年を記念した特別仕様車のコンパクトSUV「カローラクロス」を発売します。日本仕様にはない特別な内外装が特徴です。

黒グリルが凛々しい! ブラック2トーンの特別仕様車が誕生

 トヨタのタイ法人は2022年6月1日、タイ進出60周年を記念した特別仕様車として、現地生産されるコンパクトSUV「カローラクロス」の60周年記念特別仕様車を発表しました。
 
 外装をブラックに加飾したほか、特別な内装などでドレスアップしたモデルです。

 新型カローラクロス(タイ仕様)の特別仕様車は、内外装に特別な加飾を与えています。

 外装はブラックルーフの2トーンカラーを採用。光沢のあるブラックグリルにクロームメッキの加飾が施されます。

 またサイドミラーやテールゲート部にもブラック加飾を追加したほか、ホイールもグレーの18インチアロイホイールが新採用されました。

 さらにシルバーのLEDプロジェクターフォグランプや、60周年記念のエンブレムもサイドに装着されます。

 内装も、シートや内張りに赤のステッチを施した特別仕様のインテリアとしているほか、またシートのヘッドレストにも60周年エンブレムが刻印されています。

 このほか60周年記念車専用キーや、キーチェーン付きのApple AirTagなども特別に用意されます。

 日本仕様のカローラクロスとは大きく異なるフロントマスクデザインや、内外装の特別な加飾の数々など、見どころの多い1台となっています。

 トヨタ 新型カローラクロス 60周年記念特別仕様車のタイにおける販売価格は、122万4000バーツ(日本円で約470万4000円)です。