「ライセンス」の藤原一裕さんが、自身のYouTubeチャンネルで新しい愛車のメルセデス・ベンツ「Eクラス」を紹介しました。

購入したばかりの「Eクラス」を紹介!

 お笑いコンビ「ライセンス」の藤原一裕さんが、中古のメルセデス・ベンツ「Eクラス」を購入したと発表。自身のYouTubeチャンネル「フジワランド【ライセンス藤原】」で、新しい愛車を紹介しました。

 ライセンスのボケ担当として知られる藤原さん。約7年間、レクサス車に乗っていましたが、今回は輸入車への乗り換えとなりました。

 そのきっかけとなったのが、奥さんがレクサスを運転中にぶつけてしまった事。修理にはドアの交換が必要になるほどだったので、これを機に買い換えたそうです。

 今回購入したのは、2013年に製造したベンツのステーションワゴン「E250」。クルマの美しいスタイルに、4個装備しているヘッドライトや、ベンツのエンブレムである「スリーポインテッド・スター」といった、正面の“顔”の部分がとても気に入ったそうです。

 ボディカラーはシルバーで、少し青みがかったような銀色になっています。内装は、最近のベンツ車のような最新装備はありませんが、キレイで上質な空間になっています。

 また、価格に関しては思ったよりリーズナブルだったらしく、下取りしたレクサスに少々上乗せしたら購入できたとのこと。藤原さんにとっては深夜にドライブに行くほど、大満足の買い物だったようです。

 視聴者からは「圧迫感ない車内、めっちゃいい」「渋くて素敵です」「芸能人だから現行モデルだろって思ってたら意外なクルマ」「素敵なクルマ〜」などの意見が挙がっていました。

※ ※ ※

 メルセデス・ベンツ「Eクラス」は、同社の中で上級グレードに当たるモデル。藤原さんが購入したのは4代目です。ステーションワゴンの他に、セダンやクーペなどのバリエーションも展開しています。