ホンダ・パフォーマンス・デベロップメントが、2022年型「HPDシビックSi FE1レースカー」を発売します。すぐにレースにも参加できるというこのモデルはどのようなモデルなのでしょうか。

2022年型シビックSiから専用設計

 2022年6月15日、ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント(HPD)は2022年型「HPDシビックSi FE1レースカー」を発売すると発表しました。

 すぐにレースに参加できるコンプリートカーの価格は5万5000ドル(約730万円)で、これにはロールケージ、エンジン、サスペンション、エキゾーストなどを含んでいます。

 HPDシビックSi FE1レースカーは、2022年北米カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた11代目ホンダ「シビックSi」がベースです。

 1.5Lターボ4気筒エンジンとHPD強化型6速MTを搭載。2022年型シビックSiロードカーのサンルーフ、防音材、断熱材、アンダーボディコーティング、シームシーラーをなくしたホワイトボディから専用設計されています。HPDと連携企業の部材を使用して、レース用に構築された特別モデルです。

 アキュラ「NSX」やPMCエディションのアキュラ市販車を製造している米国オハイオ州メアリーズビルのパフォーマンス・マニュファクチャリング・センターで組み立てられる予定です。

 HPDコマーシャル・マネージャーのジョン・ホワイトマン氏は、次のように述べています。

「FE1は、10代目シビックSiレースカーの比類ない成功に基づき、11代目ホンダ・シビック・ロードカーの設計上の利点を活用したものです。

 FE1の開発は『手の届く価格』というコンセプトを維持しながら、使い勝手の良いアップグレードを施すことが重要であり、この新型車はまさにそれに当てはまります」

 HPDシビックSi FE1レースカーの納車は、11月から始まる予定です。