スズキが2022年6月17日に発売した「ラパンLC」は、個性あふれるフロントフェイス以外にも特徴があります。どのような仕様で発売されたのでしょうか。

本革ステアリングやレザー調×ファブリックのシートを採用

 スズキは、2022年6月17日に「ラパンLC」を発売しました。あわせて、通常仕様の「ラパン」も一部仕様変更をおこなっています。

 今回追加されたラパンLCは、フロントフェイスを中心にデザインを変更。ラパンの持つレトロな雰囲気がより強調された外観となっていますが、具体的にどのようなデザインに仕上がっているのでしょうか。

 スズキによると、ラパンLCのデザインモチーフは1967年に発売された「フロンテ360」(LC10型)だといいます。

 丸いヘッドライトと楕円のフロントグリルという顔つきを、ラパンLCでも採用。

 ヘッドライトまわりやフロントグリル内に専用メッキガーニッシュを付与し、テールゲートにもLCエンブレム付きのメッキガーニッシュが装着されます。

 細かい部分では、フロントのナンバープレート装着部横に2本のスリットが入っている点も違いとなります。

 ホイールは、上級グレードのXではハーフホイールキャップ付きのアルミホイールを採用。一方、Lグレードでは14インチのフルホイールキャップを装着します。どちらも、曲線のモチーフが取り入れられたデザインで、ラパンLCのレトロ感やかわいらしさを強調します。

 ボディカラーとして2トーンルーフ使用車のルーフ色に「ソフトベージュ」に加え、専用の「アーバンブラウン」を設定しました。

 一方、内装は外観ほどの変更点はないものの、ステアリングホイールにダークブラウン×アイボリーの本革仕様を採用したほか、シート表皮もレザー調&ファブリックのコンビシートを採用。

 カラーはブラウンでまとめられ、カフェにあるソファのようなおしゃれなデザインに仕上がっています。

 ダークグレーパーツ・LCエンブレム付きのインパネガーニッシュでまとめられたインパネも特徴的で、上質な空間を演出。Xグレードにはミディアムブラウン木目調のインパネオーナメントも装備されます。

※ ※ ※

 ラパンは、現行モデルで3代目。歴代の各モデルにおいてもレトロ調なデザインが取り入れられてきました。

 しかし、実際にスズキの旧車がモチーフとなったラパンLCは、とくに注目を集めるデザインに仕上がっているといえるでしょう。