スズキが軽乗用車「ラパン」の一部改良と、新仕様モデル「ラパンLC」の追加を発表しました。この2モデルは、何が違うのでしょうか。

新仕様モデル「ラパンLC」が仲間入り

 スズキは2022年6月17日、軽乗用車「ラパン」の一部改良モデルと、新仕様モデル「ラパンLC」を発表しました。

 ラパンとラパンLCはどのように違うのでしょうか。

 ラパンは、正式車名が「アルトラパン」であることからも分かるとおり、軽乗用車「アルト」の派生車種です。

 現行のラパンは3代目で、2015年に発売されました。2014年に登場した8代目アルトと同様、軽量・高剛性を両立した新プラットフォームを採用。

 2460mmというロングホイールベースによりゆとりある室内空間を実現したほか、前席のベルトラインを35mm低下(2代目モデル比)させたことで優れた視界や開放感も演出しています。

 そしてラパンLCは、ラパンの「L」「X」をベースに設定された新顔です。スズキが1967年に発売した「フロンテ360」(LC10型)をデザインモチーフにしているといいます。

 ベースのラパンとの違いは、まず外観です。

 LCはラパンと同じく丸形のヘッドライトを装備していますが、LCは専用のメッキヘッドランプガーニッシュが加わることでライトのくっきり感を強調。さらに楕円のフロントグリルと相まって、レトロかつどこか愛らしい印象を与えます。

 さらに後姿は、メッキバックドアガーニッシュのLCエンブレムがアクセントに。また、LC XはLEDサイドターンランプ付ドアミラーが装備されます。

 足元のホイールは、ラパンは花をイメージしたデザインですが、LCは、ハーフホイールキャップ付アルミホイール(X)や、2トーンカラーのフルホイールキャップ(L)となります。

 ボディカラーは、ラパンはモノトーン7種類と2トーンルーフ仕様車4種類(Xのみ)。LCはモノトーン6種類と2トーンルーフ仕様車6種類(Xのみ)を設定。

 どちらも新色の「トラッドカーキメタリック」と「テラコッタピンクメタリック」が用意されたほか、2トーンのルーフ色には「ソフトベージュ」が、LCはさらに専用の「アーバンブラウン」も採用されています。

 内装は、ラパンはシンプルかつ淡い色でまとめられており、シートの表皮にベージュ(L・G)とライトブラウン(X)、ライトグリーン(X)の3種類を用意。

 一方のLCは大きく異なり、ブラウンを基調としたレザー調&ファブリックの専用シートで落ち着きのある空間としています。ワインレッドの差し色が特徴的なダークブラウンとベージュの本革ステアリングも特徴的です。

 安全装備や快適装備は概ね共通しており、パワートレインやカタログ燃費も基本的に変わりません。

 価格(消費税込み)は、ラパンが125万1800円から159万7200円、LCが140万9100円から164万6700円です。