夜間の安全運転に必要な「テールランプ」ですが、電球切れして点灯しないまま走行しているクルマを見かけることがあります。テールランプは車検の必須項目にも指定されており、基準をクリアしないと車検不適合になってしまいます。

なかなか気付きにくいテールランプの電球切れ

 クルマにはさまざまなランプが装備されています。なかでも「テールランプ」は車両後方に装着され、後続車や自転車、歩行者などにクルマの存在を知らせるためのもので、「尾灯」とも呼ばれています。

 クルマを運転していると、このテールランプが電球切れしているのを見かけることがあります。

 後方に装着されているため自分では気付きにくく、ガソリンスタンドで給油しているときにスタッフから「テールランプが切れてますよ」と指摘されたことがある人もいるでしょう。

 そして、テールランプは左右に装着されていますが、なかには片方だけ切れているというケースも見受けられます。

 左右同時に点灯するはずなのに、どちらかが電球切れすることがあるのはなぜなのでしょうか。

 トヨタディーラーのメカニックに聞いてみると、「片方のみが切れるおもな原因は、電球の寿命と水侵入によることが多いです。私も長年整備士を経験していますが、クルマ自体に原因があることはあまり考えられません」との回答でした。

 LED電球の普及により電球切れは少なくなってきているものの、現在も「ダブル球」といわれる白熱電球を使用しているクルマも多数存在します。

 ダブル球は、1つの電球のなかにテールランプ用とブレーキランプ用の2つのフィラメント(発光部位)が入っており、2段階で発光する構造をしています。

 ランプを覆うカバー(テールレンズ)はプラスチック製です。そのため、時間がたつと車体とランプをネジで留める部分が劣化して、走行中の振動でランプが揺れてフィラメントが切れるということがあるのです。

 また、電球が点かなくなった際にテールレンズ内部を確認して水滴が付着しているのであれば、水によるさびの可能性が考えられます。

 ランプが装着されているソケットは、外部から水が入り込むことを防ぐため、根元にゴムパッキンが使われています。

 しかしこのゴムパッキンも経年劣化で痩せて水の浸入を許してしまうことがあり、これにより電球がさびて点灯しなくなってしまうというわけです。

テールランプが点灯しなくなったらどうする?

 テールランプが電球切れして点灯しなくなった場合は、どのように対処したら良いのでしょうか。

 もちろん、カーディーラーや整備工場などで電球を交換してもらうことができますが、DIYでも作業可能。

 トランクを開けて内装カバーを外すと交換できる車種もあるほか、テールレンズ本体を車体から取り外して電球を交換する車種もあり、この場合は工具(ラチェットやソケット)が必要です。

 また、ランプ内に水が入った場合は、水の侵入を防ぐ対策をオススメします。

 対策としては、ゴムパッキンを新品に交換する方法と、電球ソケットとテールレンズが接する部分をコーキングする方法があります。

 後者のコーキング処理は技術がないと完全に水を防ぐことができず、また、コーキング処理後の交換は一度コーキングをはがす必要があるため、ノウハウや自信がなければディーラーなどで作業してもらう方が無難でしょう。

※ ※ ※

 テールランプが切れている状態は非常に危険で、点灯していない場合は道路交通法違反に該当します。

 テールランプ切れやテールランプが破損したまま運転すると、道路交通法第62条(整備不良車両の運転の禁止等)に該当。違反点数1点、大型車9000円、普通車7000円、二輪車6000円、小型特殊・原付車5000円の反則金が科されます。

 電球は1つ500円から1000円程度なので、取締りを受ける前に早期発見して交換することが重要です。

 BMWなどの一部の高級車には、ランプ切れをインストルメントパネルに表示してドライバーに知らせてくれる便利な機能が備わっているものもありますが、そうでなければ切れたことに気付かないで走行してしまいがちです。

 定期的にテールランプを点検し、安心してドライブへ出かけましょう。