レクサスの次世代EVスポーツカーのコンセプトモデル「エレクトリファイドスポーツ」が英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で公開されました。

LFAの再来!「エレクトリファイドスポーツ」が美しすぎる

 レクサスの次世代EVスポーツカーとして登場が期待される「エレクトリファイドスポーツ」が、2022年6月23日にイギリスで開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で欧州デビューを果たしました。

 エレクトリファイドスポーツは、レクサスの伝説のスーパーカー「LFA」のDNAを受け継いだモデルとされており、レクサスがバッテリーEVに特化したラグジュアリーブランドとして進化するための、未来のオール・エレクトリック・ハイパフォーマンス・スポーツカーのビジョンを表現しています。

 グッドウッド・フェスティバルではエレクトリック アベニュー(EVの出展エリア)に展示され、レクサスを象徴する「スピンドルグリル」をデザインした箱型の衝立からドラマチックな姿を覗かせていました。

 ロングノーズショートデッキの美しいスタイリングを持つ新型エレクトリファイドスポーツは、切れ長のヘッドライトや大きめのグリルが特徴的です。

 シルバーとブラックで引き締まったボディに、ボンネットにはふたつのダクトが備わるなど、スポーツカーらしいスタイルを実現。

 また、2021年12月に日本で世界初公開されたときには赤いブレーキキャリパーを装着していましたが、グッドウッド・フェスティバルでは、ピュアEVのクリーンさを表現するような、青いブレーキキャリパーが装着されていました。

 次期LFAともいえるエレクトリファイドスポーツですが、LFAが「天使の咆哮」と呼ばれる官能的なサウンドを奏でるパワフルな4.8リッターV型10気筒自然吸気エンジンを搭載していたのに対し、エレクトリファイドスポーツは完全に電気で走行します。

 さらに、電動駆動とすることでデザインの自由度が増し、高性能スポーツカーに求められる大胆で美しいプロポーションと低い車高を実現。パフォーマンスやハンドリングも電動制御でき、新時代のスポーツカーの新たな可能性を秘めたモデルといえそうです。

 なお、エレクトリファイドスポーツの量産車は、0-62mph加速(0-100km/h加速)が2秒台前半、新しいソリッドステートバッテリー技術を使用することで430マイル(約692km)以上の走行距離を確保できるとレクサスは見込んでいるようです。

※ ※ ※

 グッドウッド・フェスティバルでレクサスは、2022年末に欧州で発売予定となるEVのラグジュアリーSUV「RZ 450e」を初公開したほか、新型「NX 450h+」(PHEV)や「UX 300e」といった電動車を展示し、エレクトリファイドスポーツとともに多くの来場者の注目を集めていました。